麻雀初心者の基本のスタンスを解説!攻めてばかりじゃ勝てない?

 

麻雀ではどんな姿勢で臨むのがいいのでしょうか。

 

基本的に麻雀は点数勝負なので、役を作ってあがりに向かうことが普通の打ち方だと思います。

 

ですが麻雀は4人でやるものなので、毎回毎回あがり続けられるものではありません。

 

ときには放銃して点数を奪われることもありますよね。

 

ですから、あがりに向かうことを「攻め」、相手に放銃しないことを「守り」とするならば、基本的に麻雀では、攻めと守りをバランスよくすることが大事で、攻め一辺倒や守り一辺倒では勝つことはできません。

 

では、どう攻めて、どう守るべきなのか。

それをここでは解説したいと思います。

 

こちらは約7分の解説動画となっています。↓↓↓

麻雀初心者の基本スタンスを解説!攻守の状況判断は?
スポンサーリンク

麻雀には最大で18回のツモがある!

 

麻雀では、流局までツモの回数を数えてみると、18回のツモがあります。

 

実際には途中でポンやチーなど鳴きがあったりするので、ツモの順番がずれたり回数が増減したりしますね。

 

ですので麻雀の解説では、全18回のツモ巡を3つのパートに分けて、最初のツモから6巡までを序盤、7巡目から12巡までを中盤、13巡目から最後までを終盤と呼んでいます。

 

麻雀の捨て牌の数で見るとわかりやすいのですが、捨て牌は1段に6個ずつ置いていくので1段目が序盤、2段目が中盤、3段目が終盤ということですね。

 

では麻雀の序盤、中盤、終盤それぞれで、攻めと守りはどうしたらいいのかを解説します。

 

麻雀の初めの配牌で確認する3つのこととは?

 

最初に配牌から始まりますが、初心者には気を付けてほしいのですが、最初の配牌の段階で牌を取り間違えることが結構あります。

 

配牌の最期の1牌を取り忘れたり、多くとってしまったりするんですね。

 

最初の配牌でミスってしまうと、その後どんなにいい手が来てもあがることはできないので、注意しましょう。

 

そしてまず配牌を開けてみて、最初に確認することが3つあります。

 

 

まず1つ目があがりの確認です。

 

あがっていないか。またはテンパイしていないかの確認ですね。

 

可能性はかなり低いですが、あがっていればテンホーで役満ですし、テンパイしていればダブルリーチのチャンス手になります。

 

 

そして2つ目が、9種9牌になっていないかの確認です。

 

麻雀では、配牌で一九字牌が9種類以上あった場合には、「9種9牌で流す」と言って流局にすることができます。

 

そのようなときな9種9牌で流すことよりも、一九字牌を使ったジュンチャンや国士無双を狙うのをおすすめしますけどね。

 

 

そして3つ目がシーサンプトー(十三不塔)の確認です。

 

麻雀のローカル役!十三不塔、五筒開花、国士無双の暗カンロンとは?
麻雀にはさまざまな役がありますが、「こんな役もあるの?」とか「こんな役は見たことがない」といったこともあるんですね。 それらはローカル役といって麻雀をやる人や場所によってルールが変わる、一種のマイナーな役なんで...

 

一見するとバラバラの手役に見えるのですが、シーサンプトーの役になっているかもしれないので、私は一応確認しています。

 

ただしこの役はローカル役なので、認めるか認めないかや、あがった時の点数について事前に確認が必要です。

麻雀の序盤は一九字牌を切っていくのが基本!

スポンサーリンク

 

麻雀の序盤では、あなた以外の3人もまだテンパイしていないことが多いので、捨て牌にはそれほど気にする必要はありません。

 

多くの場合は手の内の一九字牌から捨てていくのが、あがりへの近道となっています。

 

麻雀初心者が素早く役作りする方法!これで最短最速であがれる!
あなたは麻雀で、どんな形でもいいからとにかく速くあがりたいと思っていませんか? 麻雀では役を作ってあがらないかぎり、勝負で勝つことはできません。 たとえあなたが点数の大きな役を作ったとしても、他の...

 

ただし一九字牌がドラとなっている場合は、まだ温存しておきましょう。

 

よくありがちなのが、第1打で「これいらない」といって北を捨てた後に、それがドラだったということです。

 

それでそのあと北をツモってきて後悔するんですよね。

 

ですから最初に牌を捨てる時には、ドラの確認はしましょう。

 

ちなみに捨て牌に一九字牌ばかりが並ぶと、リーチした時に待ちが読まれにくく、相手からロンアガリしやすくなります。

麻雀の中盤は攻めと守りの分岐点!

 

麻雀が中盤になると、欲しい牌が出たりテンパイにしようとするので、鳴く人が出てきます。

 

場風や役牌のポンなどがいい例ですね。

 

また、この中盤戦で大事なことにひとつに、ドラがどうなっているのかということが挙げられます。

 

ドラを使うと点数が一気に跳ね上がるので、ドラの所在には注意が必要です。

 

そして中盤でテンパイできたらリーチをかけて積極的に攻めていきましょう

 

中盤でのリーチは、まだ終盤戦を残しているのでツモもたくさん残ってますし、リーチをかけることによって、相手の手を遅らせることもできます。

 

麻雀でリーチの条件ややり方とは?するしないの判断や見逃しに注意!
麻雀で最もよく見られる役のひとつがリーチですよね。 麻雀を始めたころ、一番最初に覚えた役がリーチだったという人は多いのではないでしょうか。 ですがリーチには成立するための条件やきちんとしたやり方と...

 

逆に相手の方が先にリーチをかけた場合は、攻めるか守るか迷いますね。

 

相手のリーチで注意すべきなのは、相手の捨て牌とドラの所在の2点です。

 

相手の捨て牌からどんな役が考えられるか。

また相手の手役にはドラがありそうか。

 

これらとあなたの手の点数を比べてみて、リスクに見合う勝負ができるかどうかを考えます。

 

もしあなたの手役が安くて相手の役が高そうだったら、相手に放銃しないように守ることが大事です。

麻雀の終盤は相手の捨て牌に注意!

 

そして勝負の終盤戦です。

 

麻雀の終盤では、とにかく3人の捨て牌が重要になってきます。

 

各人ともに自分の捨て牌にある牌でロンあがりはできないので、いかに相手の手をかわせるかがポイントになります。

 

では相手にロンされない安全な牌とはどんな牌なのでしょうか。

 

ひとつは、3人が捨てている牌です。

 

麻雀牌は1種類につき4枚の牌があるので、そのうち3枚をほかの3人が1枚ずつ捨てていた場合、残りの1牌は完全な安パイとなります。

 

そしてもうひとつが、あなたのツモの直前に上家が捨てた牌です。

 

これはその一巡だけの限定となりますが、上家の捨てた牌と同じ牌をあなたが捨てると、絶対にロンされません。

 

このような安パイを捨てることで、できるだけ放銃を防ぐことが終盤で最も大事なことになります。

 

麻雀では捨て牌に注意!放銃を避けてあがる確率を上げる方法とは?
麻雀はツモと捨てるを繰り返すゲームです。 なのでツモった数だけ河に捨て牌が並ぶことになりますよね。 だいたい1局において鳴きを考えないと、1人当たり17~18個の牌が河に捨てられることになるんです...

 

まとめ

 

ここでは、麻雀の序盤、中盤、終盤の戦術に関してまとめてみました。

 

麻雀ではあがりに向かうことは当然なのですが、序盤、中盤、終盤で打ち方や注意すべき点が変わってきます。

 

ですからその場合に応じて、的確な打ち回しが必要になるということを頭に入れておきましょうね。

 

麻雀の上達への一歩!一九字牌はどう使う?役を作る為の考え方とは!
麻雀では誰もが早くあがりたいものですよね。 麻雀ではテンパイが早ければ早いほどあがりやすいといえますから、点数が高い役を狙うことよりも、早くあがれる役を狙った方が結果的に勝ちにつながりやすいといえます。 ...

 

麻雀初心者が狙ってはいけない役とは?注意すべき3つを紹介!
麻雀にはたくさんの役があります。 その役はローカル役も含めると、なんと50種類以上もあるんですね。 この麻雀役というのは、作りやすさやあがりやすさの点では、すべて同じではありません。 役によって作り...

 

麻雀の戦略の考え方!負けない戦い方をマスターして初心者脱出!
あなたは麻雀で思うように勝てなくて悩んでいませんか? 「トップだったのに最後で抜かれてしまった」 「リーチをかけても全然あがれない…」 そんな経験がある人は結構多いのではないかと思います。 ...

 

麻雀の戦術
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~