麻雀の初心者でも知っておきたい役!小三元、海底、嶺上開花とは?

 

麻雀の初心者の場合は、たくさんある麻雀の役をできるだけ知っておく必要があります。

 

麻雀では役の種類をたくさん知っておいた方が、あがれる確率が高いですよね。

 

ですが麻雀には驚くほどたくさんの役があって、つい見逃してしまうような役もあります。

 

そこでここでは、ぜひ麻雀の初心者に知ってほしい役をまとめてみました。

 

役を知らないと、大きなチャンス手を逃してしまうことがあるので、是非とも役は覚えてほしいと思います。

 

スポンサーリンク

役満まであと一歩!三元牌を使った役「小三元」とは?

 

麻雀の1翻の役の「ヤクハイ」というのがありますよね。

特に、白、發、中の三元牌は役牌といわれています。

 

この三元牌を使った役に、「大三元(だいさんげん)」と「小三元(しょうさんげん)」というものがあります。

 

白、發、中の牌をそれぞれ3枚ずつコーツにしたものが、大三元ですが、その3つのコーツのうち、ひとつのコーツが1枚足らずに雀頭となったものが小三元です。

 

また点数は、大三元が役満なのに対し、小三元は4翻となっています。

 

麻雀では大三元を狙っていると、三元牌の3つ目のコーツがシャンポン待ちになって、高目で大三元、安目で小三元となることが多いんです。

 

この大三元や小三元という役は、たった3つの三元牌を集めればいいだけなので、麻雀の役満の中ではかなり簡単なほうです。

 

ですから白をポン、發をポンと、あからさまにポンを続けると、大三元が警戒されて鳴けなくなって、あがれなくなります。

 

ですから三元牌は自らのツモで集めるようにして、3枚目の牌ではまだポンせず、4枚目をポンするといいと思います。

 

最後のツモにあがり牌があった!「海底」とは?

 

麻雀のルールを勉強していると、いろんな役があるんだということがわかります。

 

テンパイしたけど全然あがれない…という時もあると思いますが、麻雀は最後までわかりません。

 

麻雀には最後の1牌にあがり牌があったら、「海底(ハイテイ)」という役がつきます。

 

この海底は、最後のツモであがりの形を作るという役なので、役なしの手でもあがることができます。

 

海底には、「河底(ホーテイ)」という似たような役があります。

 

河底は、最後のツモの後の、最後の捨て牌でロンアガリするという役です。

 

本当に麻雀は最後の最後まで、どうなるかわからないんですね。

 

麻雀の上級者になると途中でポンやチーを入れて、最後のツモの順番を変えてくるときもあります。

 

海底や河底であがれるかどうかは、本当に運なので、狙ってできる役ではないですけどね。

 

カンしたらあがり牌をツモった!「嶺上開花」とは?

スポンサーリンク

 

麻雀で「鳴く」といったらポンやチーを思い浮かべますが、「カン」というものもあります。

カンは4枚の牌を集めた時にできる鳴き方ですね。

 

ポンやチーの場合は、鳴いた後に手の内の牌を1枚捨てるのですが、カンの場合は、リンシャン(嶺上)牌というのをツモることができるんですね。

 

リンシャン牌というのは、ドラ表示牌がある山のことです。

 

麻雀ではリンシャン牌をツモれるのはカンしたときだけなので、そのツモはとても特別な感じがするんですよね。

 

そして運が良いことにそのリンシャン牌をツモってあがったとき、「嶺上開花(リンシャンカイホウ)」といって、1翻がつきます。

 

この嶺上開花をあがるためには、テンパイしている状態でカンをすることが必要なので、なかなか難しいんですよね。

 

たった1翻の役なんですけど、あがれたらすごく嬉しい役ですね。

 

あがれた人は、かなりの運の持ち主といえるのではないでしょうか。

 

ちなみにカンしてリンシャン牌をツモったら、通常のツモ牌が1枚少なくなります。

 

ですからカンをすると、最後の海底をツモる人が変わってくるんですね。

 

リーチして一巡目であがれてラッキーな「一発」とは?

 

メンツが完成すると、なんとかあがりたいという一心でリーチをかけることってありますよね。

 

もしあがれれば裏ドラを見られるので、運が良ければドラが2枚か3枚のっているかも…と思いますよね。

 

そのリーチについてですが、あがったときに裏ドラを見られることのほかにも、うれしいことがあるんです。

 

それが、「一発」です。

 

一発とはリーチだけに適応されるルールで、リーチしてその一巡目にあがれたら、1翻がプラスされるという役なんです。

 

よくリーチ一発、という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それはリーチして一巡目であがれていたときだったんですね。

 

ですから逆の立場で相手にリーチをされたら、とにかく一発は避けたいので、一巡目の捨て牌は気をつけるようにしましょう。

 

この一発は次の自分のツモまで有効なので、リーチの後すぐにツモることができれば、リーチ一発ツモとなるわけですね。

 

ただしこの一発という役は、途中でポンやチーなどの鳴きがあったら、なくなってしまいます。

 

よくリーチの宣言牌をポンして一発を消してくる人もいるので、麻雀が中級、上級になるにつれて、なかなか一発であがらせてくれなくなりますけどね。

 

まとめ

 

ここでは、麻雀の初心者が特に知っていきたい役をまとめてみました。

 

この中でもカンやリーチ一発については、よく起こることですのでよく覚えておいてくださいね。

 

特に海底や嶺上開花、リーチ一発などは1翻だけですが、その1翻が勝敗を分ける点数になることもあります。

 

ですからここでご紹介したことを、よく頭に入れておいてくださいね!

 

麻雀の役|2翻以上の役の種類と作り方の解説!初心者におすすめは?
麻雀の役はたくさんありますが、それらを把握できていますか? 役の種類によっては翻の大きなものと小さなものがあって、麻雀ではその場の状況によって狙う役を選んでいかなければなりません。 ですから役の種...

 

麻雀の役|一度はあがりたい役満!字一色、緑一色、九連宝燈とは?
麻雀の役の中で、役満はいつかあがってみたい役ですよね。 一口に役満といってもその種類は豊富ですから、あなたがまだ知らない役満もまだたくさんあると思います。 でも役満は点数が高いだけあってなかなかで...

 

麻雀の遊び方|点数が大きく動く赤ドラや割れ目ルールで一発逆転!?
麻雀にはたくさんの遊び方があるのをご存知でしょうか。 通常は麻雀ではドラ表示牌は1枚で行いますが、麻雀の遊び方はそれだけでなく、様々な形式で楽しむことができます。 麻雀の遊び方の中には、あがったと...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~