イッツー(一気通貫)の作り方!メリットやデメリットはある?

 

麻雀でタンヤオやピンフなどの1翻役の役作りにもう慣れましたか?

 

1翻役に慣れてきたら、次に作りたくなるのが2翻の役ですよね。

 

2翻の役になってくると、だんだん麻雀らしい役が出てきます。

 

それでも2翻の役は、1翻の役よりも役作りの難易度が上がっているものばかりですので、しっかりと頭に入れておかないとあがるのは難しいです。

 

その2翻の役の一つが、「イッツー」です。

 

イッツーは「一気通貫(いっきつうかん)」を略した言葉ですが、麻雀の実戦でも度々出てくる役なので、どんな役なのか覚える必要があるんですね。

 

イッツーは2翻の役ですが、役の作り方は難しいことはないです。

 

ヤクハイを雀頭にしてはいけないとか、待ちをリャンメン待ちにしないといけないといったピンフのようなややこしい条件はないので、比較的楽に頭に入ると思います。

 

ここではイッツーに関して、その言葉の意味だけでなくその作り方やメリット・デメリットなどを解説したいと思います。

 

こちらは約7分の解説動画となっています。↓↓↓

イッツー(一気通貫)の作り方!メリットデメリットは?
スポンサーリンク

イッツーとはどんな役?また作り方は?

 

イッツーの役は、同種の数牌で1~9までを揃えたものです。

イッツーの例

 

上の牌姿を見てみると、マンズで1から9までがキレイに揃っていますよね。

 

このイッツーはマンズ以外でも、ピンズでもソーズでも1から9まで揃えられれば成立します

 

イッツーの役は、と、3つのシュンツから成り立っているわけですね。

 

ですから、や、というようなシュンツではイッツーは作れません。

 

イッツーの役は一気通貫というその言葉通り、数牌がすべての数を貫いていなければならないのですね。

 

またイッツーは3つのメンツで作る役なのでメンツが1つ残りますが、この残りのメンツにはシュンツでもコーツでも大丈夫です。

 

そしてこのイッツーの役は、鳴いてもいいことになっています。

 

イッツーを鳴くと、翻数が2翻から1翻に下がってしまうのですが、それでもあがることはできます。

 

ですが鳴くときにも注意が必要で、必ず、とか、、あるいは、というメンツで鳴かないと、イッツーの役が成立しなくなってしまいます。

 

また、イッツー以外のメンツを鳴いた時はどうなるでしょうか。

 

次のような牌姿を見てください。

イッツー以外でポンをする

 

ですがこのうにイッツー以外のメンツを鳴いた時も、同じように翻数が1翻に下がります。

 

ですからイッツーのメンツをチーしても、イッツー以外の部分を鳴いても、同じ1翻ということですね。

 

麻雀で鳴くとあがれない役とは!鳴いてもあがれる簡単な役ってなに?
麻雀では一刻も早くあがりたいのでポンやチーをすることがありますね。 ですが何でもかんでも鳴いてしまうというのには注意が必要です。 それは麻雀の役には鳴いてもあがれる役と鳴いたらあがれない役があるか...

 

イッツーのメリットとデメリット

スポンサーリンク

 

イッツーの大きなメリットは、役の形が単純でわかりやすく、覚えやすいという点です。

 

マンズ、ピンズ、ソーズの1から9までの牌を揃えればいいので、単純明快です。

 

またイッツーで必要なメンツは、数牌の123、456、789の3種類のみになります。

 

イッツーではこれ以外の組み合わせはないのでとても覚えやすいですよね。

 

またイッツーはシュンツを使う役なので、ピンフやホンイツ、チンイツなどの役と複合することができるところもメリットの一つです。

 

ピンフの場合はメンゼンで作る必要がありますが、ホンイツやチンイツでは鳴いても翻数を重ねることができますね。

 

ただイッツーは1から9までの牌を使うので、タンヤオやチャンタ、純チャンなどの役とは複合しません。

 

そしてイッツーの大きなデメリットは、待ちがカンチャン待ちやペンチャン待ちになりやすいということが挙げられます。

 

待ちが悪くてもリーチをかけよう!リーチのメリットとデメリットとは?
麻雀ではリーチは欠かせない役の一つですよね。 リーチをかけると、他家からは「え~、やだな~」などと言われたりもしますが、あと一牌であがりなのでドキドキしますよね。 でももちろん、リーチをかけてあが...

 

イッツーは123や789といったシュンツを使います。

 

これらのメンツは、作るのに時間がかかることが多いんですね。

 

リャンメン待ちのメンツは作ることが難しくありませんが、1や9を含んだメンツは作りづらいことが多いんです。

 

そのため123や789といったメンツが最後までできず、カンチャン待ちやペンチャン待ちといった悪い待ちになってしまうことがよくあるので、それがデメリットといえます。

イッツーによくある高目と安目

 

イッツーという役はシュンツで作るものなので、リャンメン待ちや場合によっては3メンチャンなどになることがあります。

 

そのようなタメンチャンになると、イッツーでテンパイしてもあがり牌によってはイッツーの役が付かないこともあるんですね。

 

例として、次のようなテンパイの形があります。

3メンチャンのテンパイ

 

このような場合、がくればイッツーになることはわかりますよね。

 

ですが、この場合の待ち牌はほかにもあります。

 

この待ちでは、3メンチャンとなっていますよね。

 

ですが、のあがりではイッツーの役は付きません

 

ですから、のあがりではイッツーの2翻が付きますが、のあがりではピンフのみの1翻だけになってしまうんですね。

 

このようにあがり牌によって点数が高かったり低かったりすることを、「高目」や「安目」といいます。

 

ですからこの場合は、高目のイッツー安目のピンフのみとなるわけですね。

 

多面張(タメンチャン)とは?初心者でもすぐ覚えられる形!6選
麻雀では待ちの形が多いか少ないかで、あがれるかどうかが決まってきます。 待ち牌の数は多ければ多いほど良い待ちになることは言うまでもないことですよね。 ペンチャン待ちやカンチャン待ちよりもリャンメン待ちが良...

 

まとめ

 

ここではイッツーの役についてと作り方、メリットデメリットなどを解説しました。

 

<イッツーについて>

・イッツーとはどんな役?また作り方は?

・イッツーのメリットとデメリット

・イッツーによくある高目と安目

 

イッツーは役の形が覚えやすいのですぐに頭に入ると思います。

 

イッツーは鳴いても作れますが、メンゼンで作ることでいろんな役と複合して点数を上げることができますよ!

 

麻雀のイッツーとは?意味や狙い目、複合役やローカル役を解説!
麻雀の役にイッツー(一気通貫)というものがあります。 イッツーは同種の牌を1から9まで順子で揃える役で、123、456、789と3つのメンツを作ると成立します。 ただしイッツーの順子は123、34...

 

複合しやすい役満とは?一撃必殺の点数ゲットの方法の解説3選!
あなたは麻雀の役満をどれくらい知っていますか? 役満を実際に出したことはなくても、知識として知っている役はあると思います。 役満の形は美しいものが多いので、とても覚えやすく、いつか出してみたいと憧れるもの...

 

麻雀牌の「中」の意味が面白い!興味深い雑学やグッズを紹介!
麻雀牌は全部で34種類あります。 この中で、あなたはどんな牌が好きですか? 好きな牌っていうと、だいたい字牌が多いですよね。 そのなかでも「發」とか「中」が人気じゃないでしょうか。 ...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~