リャンペーコーの作り方!実は欠点だらけでなかなかあがれない?

 

麻雀の役にはあがりやすい役とあがりにくい役があります。

 

あがりやすい役というのは、タンヤオやピンフ、ほかにもヤクハイなどがあげられますよね。

 

これらのあがりやすい役には理由があって、タンヤオやヤクハイならば鳴くことができるからとか、ピンフなら作りやすいシュンツのメンツ使っているからだといえます。

 

麻雀では役作りが速いということはとても大事なことで、勝敗に大きく関係してきます。

 

役作りが速ければ当然相手よりも速くあがれるので、相手の役をつぶすことができますし、相手の親を蹴ったり自分の親を連荘することができるんですね。

 

では、役作りが難しい役というのはどのようなものでしょうか。

 

その一つとして、「リャンペーコー(二盃口)」という役があります。

 

このリャンペーコーという役をあなたはあがったことがありますか?

 

初心者の多くはおそらくあがったことがないと思います。

 

もしあがったことがあったとしても、数える程度しかないのではないでしょうか。

 

麻雀の番組を観ていても、リャンペーコーのあがりはめったに見ることがありません。

 

ですから、このリャンペーコーの役は初心者に限らず誰もが狙いにくい役なんですね。

 

そこでここでは、このリャンペーコーについて解説したいと思います。

 

こちらは約8分の解説動画となっています。↓↓↓

リャンペーコーの作り方!実は欠点だらけであがれない?
スポンサーリンク

リャンペーコーの役と作り方

 

リャンペーコーという役は「イーペーコー(一盃口)」という役からできています。

 

このイーペーコーという役は、同じ種類の数牌で同じ順序のシュンツを2組つくることをいいますよね。

 

つまりイーペーコーは、のような2組のシュンツのことをいうんですね。

 

そしてリャンペーコーの役は、このイーペーコーを2つ作った形のことをいいます。

リャンペーコーの例

 

この例では、ピンズの部分で1つのイーペーコーができていて、またソーズの部分でも1つのイーペーコーができていて、この2つでリャンペーコーになっていますね。

 

またリャンペーコーで使うシュンツは、でもでもよく、イーペーコーを2組作ることができればリャンペーコーになります。

 

ですがこのリャンペーコーの役は、イーペーコーと同様、メンゼンでのみ成立する役となります。

つまり鳴いたら成立しない役なんですね。

 

なので手牌のうち一つでもチーをしてしまうと、もうリャンペーコーにはならないのです。

 

このリャンペーコーの役は、メンゼンで3翻となっています。

 

リャンペーコーとは?意味や狙い目、複合する役と注意点を解説!
麻雀の役にリャンペーコーという役があります。 麻雀の初心者の場合、よく使う役はタンヤオとかピンフ、サンショクなどが多く、このリャンペーコーという役は見たことがないという人も多いのではないかと思います。 ...

 

リャンペーコーの役が付かない場合

 

またリャンペーコーでは、待ちの形によってはリャンペーコーの役が付かない場合もあります。

 

次のような牌姿を見てください。

リャンペーコーになるか?

 

上の牌姿はテンパイしていますが、これはリャンペーコーになりますか?

 

確かに、がくればリャンペーコーができますね。

 

でも、この場合は待ちが、 のリャンメン待ちになっています。

スポンサーリンク

 

ですが、の方だとリャンペーコーの役が付かないのです。

 

このように待ちがリャンメン待ちの場合は、あがり牌によってリャンペーコーの役が付かないことがあるので注意しましょう。

 

ターツの意味とは?麻雀の基礎から役作りの極意までを解説!
麻雀であがるためにはメンツを揃えなくてはなりません。 メンツの揃え方にはコツがあって、効率よく揃えないと時間がかかってしまい、ほかの人に先にあがられてしまいます。 ですから麻雀ではメンツをいち早く...

 

リャンペーコーとチートイツ

 

リャンペーコーを見てみると、形が「チートイツ(七対子)」と同じ形をしています。

 

チートイツとは、トイツを7組作る役のことです。

 

しかしながらリャンペーコーはチートイツと複合しません。

 

これはリャンペーコーの役は、トイツが7組なのではなくシュンツが4つとみるからなんですね。

 

ですからチートイツでも、形にイーペーコーの牌が含まれていても、イーペーコーの役は複合しません。

 

このように、チートイツと、リャンペーコー、イーペーコーは複合せず、あくまで独立した役として考えるわけですね。

 

チートイツの意味や戦術!イーペーコーやリャンペーコーは複合する?
麻雀でチートイツ(七対子)は特殊なあがり方になります。 通常は、4メンツに雀頭を作るのが麻雀のあがりの形となるのですが、チートイツにはメンツはなく、7つのトイツによって構成されています。 ですがチ...

 

リャンペーコーと複合する役

 

リャンペーコーと複合できる役はあまりありません。

 

というのも、リャンペーコーではコーツが使えないわけですから、それだけでも複合できる役は絞られますよね。

 

たくさんある麻雀の役の中でも複合できるのはピンフとタンヤオ、そして純チャンとチンイツくらいです。

 

ですが複合できる役はどれも難しい役ばかりで、特に純チャンやチンイツを複合させるのは至難の業です。

 

ですからリャンペーコーは、ピンフかタンヤオの役を付けるのがせいぜいだと思います。

 

平和(ピンフ)に字牌は使えない?初心者の疑問を一発解決!
麻雀の役の中で、平和(ピンフ)というものがあります。 ピンフは1翻役で、最もポピュラーな役のひとつといえると思います。 このピンフですが、字牌が使えるのか使えないのか、あやふやになっていませんか?...

 

リャンペーコーは欠点だらけ?

 

今まで述べた通り、リャンペーコーには多くの欠点があることがわかると思います。

 

リャンペーコーの欠点をまとめました。

・鳴くことができず役作りが難しい

・リャンメン待ちの場合は役が成立しないことがある

・役作りが難しいのにたった3翻しかない

・複合できる役が少ない

・チートイツと複合できない

 

このようにリャンペーコーにはたくさん欠点があるので、実戦ではあまり頻繁に使われる役ではなく、狙う価値もあまりない役なのではないかと思います。

 

それでも「難しい役にチャレンジしたい」と思ったときは、チャンスがあれば狙ってみるのも面白いと思いますけどね。

 

麻雀であなたの嫌いな役は何?あがりづらくて人気のない役4選!
あなたは麻雀をやっていて、「この役はあがりやすいな~」とか「いつもこの役はあがれない」などいろんなことを感じるかと思います。 役に対するイメージでも、あなたに合った役もあれば、なかなか思うようにいかない役もある...

 

まとめ

 

ここではリャンペーコーについて解説しました。

 

<リャンペーコーについて>

・リャンペーコーの役と作り方

・リャンペーコーの役が付かない場合

・リャンペーコーとチートイツ

・リャンペーコーと複合する役

・リャンペーコーは欠点だらけ?

 

リャンペーコーはなかなかあがれない役の一つなので、もしあがったときは、誰もが役満のときのように驚くと思いますよ。

 

メンタンピンを狙える場面とは?こんな上手な戦い方があった!
麻雀ではいつどんな配牌が来て、どんな流れになるのか予測がつかないものですよね。 ですからいい配牌が来ることもあれば、全然来ない時もあります。 それでも麻雀では相手が3人もいるわけですから、良い配牌...

 

麻雀部屋に置きたいグッズ6選!手軽に買える粋なアイテムとは?
あなたは麻雀部屋、つまり麻雀専用の部屋を作りたいと思ったことはありませんか? 雀荘で打つのもいいのですが、私は自宅の一部屋を麻雀専用の部屋にして、そこに友人を集めて麻雀をするというのが夢なんです。 ...

 

麻雀でなぜ勝てない?初心者のあなたがトップになれない訳4選!
麻雀で役やルールを覚えると、一生懸命役作りをしてあがりに向かいますよね。 最初のうちはなかなかあがれませんけど、回数を重ねるごとにだんだん役作りに慣れていきます。 そしてうまくいくと、最後の1牌をロンした...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~