麻雀でポンできない時!知らないと怖い鳴けない場面とは?

 

麻雀であがるためには役を作らなければなりません。

 

シュンツやコーツを作るために牌を集めて、4つのメンツを作る必要があるわけです。

 

ですが自分でツモる以外にも、相手の捨て牌をもらってメンツを作ることもできます。

 

それが鳴くということですよね。

 

鳴くことにはポンやチー、カンという方法があります。

 

この中でポンは、コーツを作る方法になります。

 

麻雀では役によって、鳴くこと、つまりポンができる役とできない役があったり、また場面によって、ポンができる場面とできない場面があります

 

ポンをすると役作りが一歩前進するので、できるかできないかはとても大事なことなんですよね。

 

そこでここでは、ポンできないときはどんなときなのかを解説したいと思います。

 

ポンができるかできないかがわかれば、それを麻雀の戦術に活かすことができると思いますので、しっかりと頭に入れておいてほしいと思います。

 

こちらは約9分の解説動画となっています。↓↓↓

ポンできないとき!知らないと怖い麻雀のルールとは?
スポンサーリンク

手牌に同種の牌が2枚ないとポンできない

 

自分の手牌に同じ牌が2枚あるときでないとポンはできません。

 

麻雀牌には形がよく似た牌があるので、それらをポンするときには注意が必要です。

 

例えば、ですね。

この2つは数字の部分がとてもよく似ているので、出された牌を見間違えてポンしてしまうことがあります。

 

ほかにも、も見間違えやすい牌ですね。

どちらも緑一色の牌なので、焦っていると間違ってしまうことがあるかもしれません。

 

もしこのような牌を間違えてポンしてしまうと、罰則が科せられてしまうことがあります。

 

そのような間違えたポンのことを「誤ポン(ごポン)」といいます。

誤ポンの例

 

誤ポンをしてしまうと、通常では「あがり放棄」の罰則となります。

 

ただしポンをしても、間違いに気づき打牌せず途中で取りやめた場合は、より軽い「供託(きょうたく)」という罰則になります。

 

チョンボとは?麻雀のルール違反にはきちんとした罰則があった!
麻雀をしていてルールに反することをしたり、進行を妨げたりしたことはありませんか? 悪気はなくても、途中で牌の数が合わなくなったり、牌山に指を当てて崩してしまうことなどはあるかもしれませんね。 そんなとき初...

 

このような途中で取りやめたポンを「空ポン(くうポン)」といいますが、プロの麻雀のルールでは、空ポンは供託ではなく、あがり放棄の罰則になるようです。

 

プロの世界では小さな間違いでも厳しい罰則が科せられるというわけですね。

リーチをかけているときは鳴けない

 

麻雀ではリーチをかけた人はポンができないことになってます。

 

この場合、ポンだけでなくチーやミンカンもできません。

 

リーチの時に唯一できるのが、暗カンです。

 

暗カンは、手の内に同じ種類の3枚のアンコーがあったときに、4枚目の牌をツモった時にカンをすることですね。

スポンサーリンク

 

いったんリーチをかけてしまうと、鳴くことはもちろん手牌を変えることもできなくなり、あがるまでツモ切りを繰り返すことになります。

 

このように、リーチをかけると自由に打つことができなくなるため、リーチをかける前に役の手変わりはないか、あがり牌は何かということを確認することが大事です。

 

あがり牌の枚数が少ない時の対処法!手を変えるかリーチするか?
リーチをかけたけど、あがり牌はあと1枚だけ… 役作りしてやっとテンパイしたのに、あがり牌がもう残っていなかった… そんな経験はありませんか? 誰しも役作りしてテンパイしたら、多くの枚数で待ち...

 

ハイテイの牌は鳴くことができない

 

 

麻雀では一番最後のツモのことを「ハイテイ」といいますが、この一番最後の捨て牌もポンすることができません。

 

一番最後の捨て牌ではポンもチーもカンもできないきまりになっているんですね。

 

一番最後の捨て牌でできるのはロンだけですね。

 

これを「ホーテイ」といって、1翻の役が付きます。

 

また一番最後のツモというのは、途中でポンやチーが入ると順番が変わってきます。

 

そしてカンの場合はリンシャン牌をツモるため、最後のツモ牌が一つずれます。

 

これは王牌(ワンパイ)をつねに14枚残すというルールがあるためですが、最後はどこまでツモることができるのか間違えやすいので注意が必要です。

 

麻雀のワンパイ(王牌)とは?作り方やカンやドラとの関わりを解説!
麻雀は最後の最後まで諦めてはいけません。 でも「あれ、ここで終わり?」と思ったことはありませんか? そうです。 麻雀では牌山の最期の1牌までツモることはできず、ワンパイ(王牌)という...

 

ポンよりもロンの方が優先される

 

対局中、ポンできる場面であってもポンが成立しない場面があります。

 

それが、ポンと同時にロンがおこなわれた場合です。

 

ポンとロンが同時におこなわれた場合、原則ではロンの方が優先され、ポンは成立しません。

 

通常、ポンやチー、ロンなどは発声が速い人の方が優先されるのですが、発声がほぼ同時だった場合は、ロンが最も優先順位が高く、次にポン、そして最も優先順位が低いのがチーとなります。

 

ですから、ポンとチーが同時に起こった場合はポンが成立しますが、ポンとロンではロンの方が成立してしまうというわけですね。

 

2人同時のポンとチーはどちらが優先?意外なルールにビックリ!
麻雀では鳴くときに「ポン」や「チー」といいますよね。 麻雀を始めたばかりだと、「ちょっと待って!」といって鳴くのか鳴かないのかはっきりせずに、周りの人を待たせてしまうこともあります。 「ポン」や「...

 

あがり放棄になったらポンができない

 

また麻雀では、ルール違反をした場合には罰則があります。

 

例えば、間違った牌であがりを宣言してしまったり、ポンやチーを取り消したり、牌山を崩してしまったりなど、ルール違反となる例はたくさんあります。

 

麻雀の罰則は次の3つがあります。

・チョンボ

・あがり放棄(ほうき)

・供託(きょうたく)

 

チョンボとは?麻雀のルール違反にはきちんとした罰則があった!
麻雀をしていてルールに反することをしたり、進行を妨げたりしたことはありませんか? 悪気はなくても、途中で牌の数が合わなくなったり、牌山に指を当てて崩してしまうことなどはあるかもしれませんね。 そんなとき初...

 

この中の「あがり放棄」というのは、ルール違反後も対局を続けることができますが、あがりの形ができてもあがることができない、という罰則になります。

 

そしてこのあがり放棄では、鳴くことができません。

 

つまりポンやチーができないということですね。

 

それでも、振り込んだりツモられた場合は点数をしっかり払わなければなりません。

 

ですから麻雀の罰則には十分注意しなければいけませんね。

まとめ

 

ここでは、麻雀でポンできないときはどんなときか、ということを解説しました。

 

<ポンできないとき>

・手牌に同種の牌が2枚ないとき

・リーチをかけているとき

・ハイテイの牌は鳴けない

・ポンよりもロンの方を優先する

・あがり放棄では鳴けない

 

ポンできないと、狙っている役が出来なかったり役作りをうまく進められないので、よく注意するようにしましょうね。

 

フリテンリーチの活用法!不利な局面を勝ち抜くヒントがわかる!
麻雀では有利な局面もあれば不利な局面もありますよね。 どちらの場合もそれなりの状況判断が必要ですが、とりわけ不利な局面での判断が大事になります。 麻雀は一手一手で局面がガラリと変わるので、過去の局面とまっ...

 

麻雀初心者が狙ってはいけない役とは?注意すべき3つを紹介!
麻雀にはたくさんの役があります。 その役はローカル役も含めると、なんと50種類以上もあるんですね。 この麻雀役というのは、作りやすさやあがりやすさの点では、すべて同じではありません。 役によって作り...

 

麻雀で2人リーチ、3人リーチ、4人リーチの場合の戦術は?
麻雀で盛り上がる場面といえばリーチではないでしょうか。 「リーチ!」 「わたしも、追っかけリーチ!」 このようにあっちこっちでリーチ合戦が始まると、いよいよ麻雀が白熱してきますよね。 ...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~