麻雀のサンショクとは?狙い目やコツ、複合役やローカル役を解説!

 

麻雀の役に、三色(サンショク)というものがありますね。

 

でも麻雀では役の名前は省略することが多くわかりづらいのですが、三色といったらまず思い浮かべるのが、「三色同順(サンショクドウジュン)」です。

 

三色には三色同順のほかに三色同刻(サンショクドウコウ)という役もあるので、混同しやすいので注意が必要です。

 

このサンショクとは、萬子、筒子、索子の3つの種類を表しています。

 

3つの種類が同じ数牌で揃うのは、見た目の上でもとても美しい形をしていますね。

 

ではこのサンショクの狙い目やコツ、そしてどんな役と複合してどんなローカル役があるのかを解説したいと思います。

スポンサーリンク

サンショクの意味とは?

 

麻雀ではサンショクというと、三色同順と三色同刻があります。

 

三色同順の同順とは同じ順子(シュンツ)という意味で、三色同刻の同刻とは同じ刻子(コーツ)という意味ですね。

 

具体的には三色同順のほうは、萬子、筒子、索子のそれぞれを使って、345、345、345とシュンツを揃えるものです。

 

このサンショクはメンゼンで2翻、鳴いて1翻の役なので、作りやすい割に点数が高くなっていて実戦でよく使われる役のひとつとなっています。

 

そして三色同刻のほうは、萬子、筒子、索子を使って、444、444、444と3つのコーツを作る役となります。

 

そしてこちらの三色同刻のほうは、メンゼンで2翻、鳴いても2翻の役となります。

 

これらの三色同順と三色同刻はどちらもサンショクといわれますが、作りやすさがまったく違います。

 

なんといっても三色同順のほうが圧倒的に作りやすいのです。

 

三色同順と三色同刻の2つの役はメンゼンでの翻数が同じなのですが、その作りやすさは同じではなく、差があるということですね。

 

ちなみにジョンは麻雀を20年以上続けていますが、三色同順を出した回数は実際の麻雀で100回以上ありますが、三色同刻のほうは1~2回しかありません。

 

麻雀は確率では勝てない?あがれる牌を見分けるポイントとは!
麻雀で大事なこととして、運と確率があります。 基本的に配牌やツモは運によるものだし、役作りについては確率を重視して組み立てるものですよね。 では運によって配られた牌を確率通りに組み立てていけば、確...

 

あがる役というのは個人の好みがあるので正確な確率はわかりませんが、三色同刻が役満並みに非常に難しい役でることは間違いありません。

サンショクの狙い目とは?

 

サンショク(三色同順のこと)のメリットとしては、スピードがあることが一番だと思います。

 

ですから他人の親を速く流したい、速く局を進めたいと思った時に、サンショクは狙える役のひとつだということですね。

 

チーすることでたとえ安い点数になったとしても、あがりのスピードを優先することができるのです。

 

もしあがるスピードを重視したいなら、メンゼンにこだわることなく積極的に鳴いていって、サンショクのメンツを作るようにするといいと思います。

 

麻雀初心者が素早く役作りする方法!これで最短最速であがれる!
あなたは麻雀で、どんな形でもいいからとにかく速くあがりたいと思っていませんか? 麻雀では役を作ってあがらないかぎり、勝負で勝つことはできません。 たとえあなたが点数の大きな役を作ったとしても、他の...

 

またサンショクができていない場合でも、456、567、567などのようなシュンツができていたとします。

 

この456のシュンツは7を引いて567となるとサンショクが完成します。

 

このように1つの牌の入れ替えだけで2翻も変わるので、ぜひ狙っていきたい役のひとつです。

スポンサーリンク

サンショクを作るコツとは?

 

サンショクを作るコツとは、いかに早い段階で見通しを立てておくかということです。

 

サンショクの組み合わせは1通りとは限りません。

 

345のシュンツがあった場合、サンショクができるのは234や456のメンツになることもあるんですね。

 

ですから345というメンツがあったとしても、345のサンショクと決め打ちはしないで手広く役作りをしていくことが大事です。

 

またサンショクに必要な牌が手牌になかったとしても、ツモによってはカンチャン待ちやペンチャン待ちにつくれることがあります。

 

このようにサンショクは手替わりが見込める役なので、早急な判断や決めつけは高得点を見逃してしまうことがあります。

サンショクの複合役とは?

 

サンショクはタンヤオやピンフ、イーペーコーなどとの相性が良く、しばしば複合します。

 

イーペーコーは鳴いても成立するって本当?ルールや条件、狙い方とは
麻雀の役の中で、一盃口(イーペーコー)という役があります。 イーペーコーは中国語で盃(さかずき)という字が使われている特徴のある役なんですね。 このイーペーコーは同じ順子(シュンツ)を2つ作ること...

 

特に123や789を使ったサンショクは一九字牌を使ったチャンタや純チャンの役とも複合します。

 

例えば、純チャン・サンショク・ピンフ・イーペーコーなのが複合すれば、破壊力抜群のハネ満の手になります。

 

ですがこのサンショクはホンイツやチンイツとは複合しません。

 

萬子、筒子、索子の三色を使っているので当然ですね。

サンショクのローカル役とは?

 

サンショクのようなシュンツの組み合わせにはいくつかローカル役があります。

鏡同和(きょうどうほう)

鏡同和は2種類の牌で同じシュンツを2組作るものをいいます。

 

例えば、萬子で234、索子で234、萬子で678,索子で678というように揃える役ですね。

 

この役は三色でなく二色で作る役となります。

三色通貫(さんしょくつうかん)

三色通貫は萬子で123、筒子で456、索子で789とイッツーの形を作るものをいいます。

 

これは三色イッツーとも呼ばれていて、形がキレイで覚えやすい役なのでジョンが気に入っている役のひとつです。

 

麻雀のローカル役!十三不塔、五筒開花、国士無双の暗カンロンとは?
麻雀にはさまざまな役がありますが、「こんな役もあるの?」とか「こんな役は見たことがない」といったこともあるんですね。 それらはローカル役といって麻雀をやる人や場所によってルールが変わる、一種のマイナーな役なんで...

まとめ

 

ここでは麻雀の役のサンショクについてまとめてみました。

 

<サンショクについて解説したこと>

・サンショクの意味

・サンショクの狙い目

・サンショクのコツ

・サンショクの複合役

・サンショクのローカル役

 

サンショクという役は高得点につなげやすい役のひとつで比較的作りやすいので、初心者におすすめの役です。

 

麻雀の役|2翻以上の役の種類と作り方の解説!初心者におすすめは?
麻雀の役はたくさんありますが、それらを把握できていますか? 役の種類によっては翻の大きなものと小さなものがあって、麻雀ではその場の状況によって狙う役を選んでいかなければなりません。 ですから役の種...

 

麻雀初心者が点数を少しでも高くする方法!1翻UPが勝敗をわける?
麻雀ではなるべくなら高い役をあがりたいですよね。 麻雀の役というのはいろんな役の複合が考えられるので、点数を上げる方法もたくさんあるんですね。 そして麻雀では1翻の違いが勝敗を分けることが多々あり...

 

麻雀でポンとチーとカンを使った戦術とは!攻撃と守備を徹底解説!
麻雀では、ポンやチーやカンは当たり前として使われますよね。 ポン、チー、カンは麻雀では「鳴く」ということですが、これらは戦術においてとても大事なことです。 鳴くことの効果を知っておけば、有利に手を...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~