王牌(ワンパイ)の雑学!王の意味や嶺上牌を下ろす理由とは?

 

麻雀には王牌(ワンパイ)といわれる牌があります。

 

ワンパイといってもどんな牌のことだか、いまいちピンと来ていない人もいると思います。

 

麻雀では牌山すべてをツモれるわけではなく、最後の14枚は必ず残さなければいけないルールになっています。

 

この、ツモることのできない14枚の牌のことを、「王牌(ワンパイ)」というんですね。

 

この王牌(ワンパイ)には表になっているドラ表示牌も含まれています。

 

なので王牌(ワンパイ)についてはちゃんと覚えておかないと、カンをしてリンシャン牌をツモるときや新しいドラを開けるとき、また一番最後の牌をツモるときも困ってしまうんですね。

 

この王牌(ワンパイ)は、ゲームの麻雀だとCPUが自動的に設定してくれるので滞りなく進めることができるのですが、手積みの麻雀では王牌を自分で作ってから対局が始まるので、王牌についてよく理解しておく必要があるんですね。

 

それではこの王牌(ワンパイ)という牌はどんな牌なのでしょうか。

また、王牌(ワンパイ)にはどんな雑学があるのでしょうか。

 

こちらは約8分の解説動画となっています。↓↓↓

王牌(ワンパイ)の雑学!王の意味や嶺上牌を下ろす理由は?
スポンサーリンク

リンシャン牌を下に下ろすのはなぜ?

 

麻雀で対局が開始すると、まず配牌をおこないますよね。

 

そのときにドラ表示牌をめくるわけですが、このとき左側のリンシャン牌を下に下ろします

 

どうしてそのようなことをするのかというと、左端の牌は誰かの指などに触れてこぼれ落ちることがあるからなのです。

 

牌が見えてしまうと、それが不正につながったり、それをツモる人が不利益を被ることがあります。

 

ですから、リンシャン牌をあらかじめ下に置いておくことで、こぼれ落ちてうっかり見えてしまうことがないようにするんですね。

 

ちなみに、うっかり牌に触れて牌を崩してしまうと、罰則が科せられることがあります。

 

牌を修復できないほど大きく崩してしまった場合は、チョンボとして満貫払いになります。

 

そして、牌を崩してしまったけれど続行可能な場合は、あがり放棄または供託(きょうたく)の罰則が科せられることがあります。

 

さらに今回のようなリンシャン牌1つだけをこぼしてしまった場合では、供託の罰則になることがあります。

 

この供託というのは軽微なチョンボに対して適用される罰則で、供託になった人は場に1,000点棒を出さなければなりません。

 

このような罰則を避けるために、リンシャン牌を下に下ろすようにしているわけです。

 

チョンボとは?麻雀のルール違反にはきちんとした罰則があった!
麻雀をしていてルールに反することをしたり、進行を妨げたりしたことはありませんか? 悪気はなくても、途中で牌の数が合わなくなったり、牌山に指を当てて崩してしまうことなどはあるかもしれませんね。 そんなとき初...

 

このリンシャン牌を下に下ろすという行為は麻雀のマナーの一つです。

 

なので気持ちよく麻雀を打つためにも、相手に配慮したこのようなマナーを忘れないように心掛けたいですね。

王牌の「王」の意味は?14枚の理由って?

スポンサーリンク

 

そして、王牌にはなぜ「王」の字が使われているのか気になりますよね。

 

それは、王牌が王(神様)のために残された牌だからだといわれています。

 

麻雀というゲームは対局者4人のほかに神様がいるゲームなんですね。

 

なのでその神様の手牌として14枚の牌を残したものが王牌ということです。

 

確かに14枚の牌があればあがりの枚数にはぴったりですよね。

 

私たちが14枚の牌で手牌を作り麻雀を楽しむのと同じように、神様も毎局14枚の牌で麻雀を楽しんでいるといえるのかもしれませんね。

 

また、王牌を最後まで誰も見ることができないという理由も、神様の手牌だからということならば、納得できますよね。

 

王牌は神様が扱うとても神聖な牌だということがわかりますね。

 

天和(テンホー)地和(チーホー)人和(レンホー)の意味と雑学
麻雀にはさまざまな役がありますね。 一般に1翻の役から役満までだと30種類ぐらいで、それにローカル役などを含めると、50種類ほどあるといわれています。 そのなかには、有名な役もあれば、あまり知られ...

 

王牌に関する珍しいあがり役

 

王牌はカンやリンシャン牌と関係がありますが、これと関わるあがり役がいくつかあります。

リンシャンカイホー(嶺上開花)は王牌の代表的な役

リンシャンカイホーはカンをして王牌のリンシャン牌であがったときに1翻が付く役です。

 

リンシャンカイホーをあがるには、カンをする時点でテンパイしている必要がありますね。

 

ちなみに、この役はアンカンでもミンカンでも加カンでも成立することとなっています。

チャンカンには面白い雑学がいっぱいある!

チャンカンは、相手の加カンした牌がロン牌だったときにあがれる役のことです。

 

一般的な、捨てた牌でのロンと違っているので、チャンカンは特殊なあがりの一つなんですね。

 

このチャンカンがおこなわれた場合は、そのカンは不成立となりカンドラは発生しません

 

またリーチの1巡以内であれば「一発」が認められ、スーカンツと重なった場合ではこのチャンカンの方が優先されます。

 

ほかにもチャンカンを見逃した場合は、あがり牌の見逃しとされるため、フリテンが適用されることになります。

国士無双はアンカンでもロンあがりができる?

国士無双に限ってはアンカンした牌でもロンあがりができるというローカルルールがあります。

 

あまり見かけない役ですが、これも特殊なあがり方の一つですね。

ウーピンカイホ―(五筒開花)は嶺上開花の特別版

ウーピンカイホ―は、リンシャンカイホーを、であがった場合に、特別なあがりとするものです。

 

この役はローカル役の一つで、満貫にしたり跳満にする場合があります。

 

ウーピン(5筒)を使う役とは?麻雀のローカル役と雑学7選!
あなたは麻雀の役をどれくらい知っていますか? 麻雀役というのは基本的な役のほかに、あまり知られていない役のローカル役というのがあります。 そのローカル役というのは、一部の地域しか使われていなかったり役の定...

 

カン振り(カンぶり)はよく知られたローカル役

カン振りはリンシャンロンともいわれる役で、カンをして捨てた牌でロンするあがりのことです。

 

このカン振りはよく知られたローカル役の一つですが、一般のルールでは役無しとされることが多いので注意しましょう。

まとめ

 

ここでは、王牌についての雑学を解説しました。

 

<王牌について>

・リンシャン牌を下に下ろすのはなぜ?

・王牌の「王」の意味とは?14枚の理由って?

・王牌に関するあがり役とは

 

王牌には面白い雑学がたくさんありますから、これを麻雀仲間と語り合うことも楽しいですよね。

 

四槓子(スーカンツ)の役満を阻止できる5回目のカンとは?
麻雀には役満の役がいくつかあります。 あなたがよく知っているのは、国士無双(こくしむそう)とか四暗刻(スーアンコー)とか大三元(ダイサンゲン)などですよね。 ですが、あまりよく知らなかったり見かけ...

 

競技麻雀とは?真の雀力が試される独自のルールや戦い方を解説!
リーチをしてあがったときは気持ちが良いですよね。 特に一発であがったときはうれしさも倍増です。 また、リーチであがったときあなたは裏ドラを見ますよね。 そして裏ドラも乗ったら、「今日はツイてるな~」...

 

早あがりする?じっくり役作りする?その判断のポイントを解説!
あなたは麻雀で上手くあがることができていますか? 麻雀は自分以外に相手が3人もいるので、そうそう連続してあがることはできませんよね。 例えば、配牌でマンズがたくさん来て「よしっ、チンイツを狙おう!...

 

麻雀の雑学と豆知識
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~