タンパイとは?マイナーな麻雀用語にも面白い雑学がいっぱい!

 

麻雀をしていていると、たまに知らない麻雀用語に出会うことがありますよね。

というのも麻雀用語はたくさんあるので、すべてを網羅できている人はなかなか稀だと思います。

 

麻雀ではポンやロンなどのようによく使われる言葉のほかに、滅多に使われないマイナーな言葉があります。

 

ではあなたは「タンパイ」という言葉を知っていますか?

 

もし知らないこのような言葉が出てきたら、あなたはどうしているでしょうか。

 

まわりに知識が豊富な人や麻雀の上級者がいれば聞くことができますが、いない場合は自分で調べる以外に知るすべはありません。

でもたいていの人は、調べないで知らないまま放置することが多いのではないでしょうか。

 

でも安心してください。

このブログでジョンがあなたに麻雀の知識をできるだけわかりやすく解説していきます!

 

今回は、この「タンパイ」という言葉について解説したいと思います。

 

こちらは約6分の解説動画となっています。↓↓↓

タンパイとは?マイナーな麻雀用語の雑学を解説!
スポンサーリンク

タンパイは麻雀プロテストにも出題された言葉

 

タンパイはテンパイと似ていますが、まったく違います。

 

このタンパイというのは牌を倒す行為のことをいいます。

牌の背中を卓に付けることですね。

 

漢字では難しい字で、「攤牌(タンパイ)」と書きます。

なかなか見ない字ですよね。

 

この「攤」という字には、「多くのものを並べて広げる」という意味があります。

ですから「攤牌(タンパイ)」とは、「たくさんの手牌を並べ広げて見せる」という意味になるわけですね。

 

つまり、手牌を公開する必要があるときは「タンパイする」ということです。

 

ちなみに、牌を倒す行為のことを「倒牌(トウハイ)」ということもあります。

どちらも牌を倒して手の内を見せる行為のことですね。

 

一方でテンパイはというと、「聴牌(テンパイ)」という字になりますね。

そしてテンパイの意味は、「あと1牌であがりの形ができる状態」のことをいいます。

 

また、テンパイの状態のとき緊張してドキドキすることから、「テンパる」という言葉も生まれていますね。

 

このようにタンパイとテンパイは言葉の音は似ていますが、意味はまるっきり違うので区別しましょう。

タンパイは麻雀プロは誰でも知っている?

また、タンパイという言葉は、以下のような日本プロ麻雀協会の麻雀のプロテストの試験にも出題されたことがあります。

問.以下の麻雀用語の読み方をカタカナで答えなさい。また、その用語を説明しなさい。

攤牌

日本プロ麻雀協会 第9期前期プロテスト問題より抜粋

 

このようにタンパイはプロテストに出題されているので、このような試験に合格されているプロ雀士の方々は、みなさんご存知の言葉なのかもしれませんね。

 

麻雀検定に合格する方法と対策!段位を取って初心者を卒業しよう!
麻雀の役やルールを覚えることはできているでしょうか。 麻雀を始めたばかりの人は、あがりの役の種類や対局の進め方、点数計算など覚えることがたくさんあって、麻雀の上級者がいないとなかなか上手く麻雀を進められないこと...

スポンサーリンク

 

あなたもやってる!タンパイする場面とは

タンパイするのはどのような場面か

タンパイという言葉は知らなくても、その行為はあなたが普段やっていることです。

 

どんな場面かというと、まずはあがったときですね。

ロンあがりやツモあがりの時は、あなたの牌を倒し、広げてみんなに見せますよね。

 

ですから、あがったときというのは必ずタンパイをする必要があるわけですね。

このタンパイによって、本当にあがりの形ができているかを確認するということです。

 

またほかにも、誰もあがらず流局となった場合もテンパイしている人は手牌を広げて見せますよね。

流局時のタンパイでは、どんなあがり牌だったのかを確認するわけです。

 

またオープンリーチでも手牌の一部または全部をタンパイして、待ち牌を見せることがあります。

なので意外とタンパイをする機会というのは多いですね。

 

麻雀でリーチの条件ややり方とは?するしないの判断や見逃しに注意!
麻雀で最もよく見られる役のひとつがリーチですよね。 麻雀を始めたころ、一番最初に覚えた役がリーチだったという人は多いのではないでしょうか。 ですがリーチには成立するための条件やきちんとしたやり方と...

 

ですからタンパイは、あなたも実際に対局中に何度もおこなっていた行為だったんですね。

 

ちなみに麻雀の勉強会などでは、終局時にテンパイの有無にかかわらず全員がタンパイして意見や検討をし合うことが多いようですね。

テンパイしててもタンパイしなくていい時

タンパイはしなくてもいい時があります。

 

それは流局時にテンパイしてリーチをかけていない時です。

リーチのときは流局時にタンパイしなければなりませんが、ただテンパイしているだけのときはノーテンと同じように手牌を伏せてノーテンにすることもできます。

 

麻雀でテンパイしてもリーチできない場合とは?注意点を詳しく解説!
麻雀ではよく聞く言葉のひとつが、「リーチ」ではないでしょうか。 麻雀を知らない人でも、リーチという言葉は知っていますよね。 麻雀をやっているときは、リーチをかけてあがったときは、最高に気持ちが良い...

 

この場合は、テンパイしていますがノーテン扱いとなり、ノーテン罰符を払って局が流れるわけですね。

タンパイをやらないと・・・?

タンパイで牌をうまく倒すにはコツがいる

タンパイするとき、初心者の中にはうまく牌を倒せない人もいます。

牌がうまく倒れず、グチャっとなってしまうんですね。

 

麻雀の初心者にありがちなことを集めました!思い当たる人は要注意!
あなたは麻雀をしていて、おもわず変なことをしてしまったり珍プレーをして、周りの人に笑われた経験はありませんか? 麻雀には一般的なルールの他にもたくさんの細かいマナーもあるので、初心者の多くは失敗した経験があると...

 

牌をうまく倒すにはコツがあって、牌をきちんとそろえた状態で牌の端と端をつかんで、牌の内側に力を入れる感じです。

タンパイを上手くやるには練習が必要ですね。

タンパイをやらないとチョンボになることも

麻雀ではあがる回数が増えるにつれてタンパイをする機会も増えていきます。

 

また、このタンパイをしっかりとおこなわないと、ルール違反でチョンボになることもあります。

 

なので牌をしっかり見せなかったり牌を崩したりしてチョンボをしないように気をつけましょうね。

まとめ

 

ここでは、タンパイという麻雀用語について解説しました。

 

<タンパイについて解説したこと>

・タンパイは麻雀のプロテストにも出題された言葉

・あなたもやってる!タンパイする場面とは

・タンパイをやらないと・・・?

 

タンパイは麻雀をやる上で欠かせないことですので、やる場面とやり方をしっかりと頭に入れておくようにしましょうね!

 

麻雀の發(ハツ)の意味や戦術とは?効果的な使い方や面白い雑学も!
麻雀牌の中で最も難しい漢字の牌といえば、「發(ハツ)」ですよね。 發は7種類の字牌の東(トン)、南(ナン)、西(シャー)、北(ペー)、白(ハク)、發(ハツ)、中(チュン)の一つとなっています。 ま...

 

こんな役満は見たことがない!大車輪、清老頭、八連荘とはどんな役?
麻雀ではよく見る役からあまり見ない役までいろいろありますよね。 特に役満は、見たことがない役はたくさんあるのではないでしょうか。 でもいろんな形の役満を知っておくことで、あなたが負けているときでも...

 

麻雀を漫画で勉強したいなら月刊雑誌の「近代麻雀」がおすすめ!
あなたは麻雀が強くなりたいと思っていませんか? 麻雀は運やツキの要素が強いゲームだといわれますが、それと同じように戦術や駆け引き、そして相手の手を読む力や点数計算の能力などの実力も大事になります。 ...

 

麻雀の雑学と豆知識
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~