麻雀でツモとロンはどちらが得か?意外と深いあがり方の雑学話!

 

「ツモった~!リーチ一発ツモドラ3!」

「それロン!わたしの親、連荘ね~」

 

このように、麻雀のあがり方にはツモとロンがあります。

あがった瞬間はその喜びと驚きで、つい大声になってしまうこともあると思います。

 

麻雀のあがりでは必ずツモかロンのいずれかになります。

そしてこれらは、麻雀で勝つためには欠かせないことなんですね。

 

このツモとロンについてですが、どちらもあがりなので点数をもらえますが、どちらのあがりの方が得なのか気になりませんか?

 

どちらのあがりも同じ?

いえ、そんなことはありませんね。

 

そこでここでは、ツモあがりとロンあがりではどちらが得かそしてそれぞれの違いについてを解説したいと思います。

 

こちらは約7分の解説動画となっています。↓↓↓

ツモとロンはどちらが得?共通点や相違点は?
スポンサーリンク

ロンは1人から、ツモは3人から点数をもらう

 

麻雀のあがりは、ロンあがりかツモあがりのどちらかになります。

 

そしてロンあがりの場合は、振り込んだ人からあがり点すべてをもらえます。

一方ツモあがりの場合は、自分自身であがり牌を引いたので、他の3人から点数をもらうことができます。

 

例えばあがり点が子の8,000点だった場合、ロンあがりの時は振り込んだ人が1人で8,000点支払います。

そしてツモあがりの場合は、親が4,000点の支払いで、残りの子の2人はそれぞれ2,000点の支払いとなります。

 

麻雀の親の役割や戦い方とは?子との違いを分かりやすく解説!
麻雀では親と子というのがあってそれぞれによってあがりの点数が異なるので、それぞれの立場をきちんと理解しておくことが大事になります。 麻雀において親というのは、東風戦では1回、東南戦では2回必ずまわってきますよね...

 

ロンあがりの時は、振り込んだ人しか点数を払わないわけですから、この時振り込まなかった残りの2人には、点数の増減はないというわけですね。

 

ちなみに、この時振り込まなかった2人から見た点棒の動きを、点棒の「横移動」といいます。

横移動は、他家から他家に点数が移動することです。

 

点数が横移動しているときは自分の点数に増減はありませんが、このとき他家の誰かがあがって、その人に点数が集まっているということに注意しましょう。

一般にツモの方が入ってくる点数は高い

 

鳴いてない場合、つまりポンやチーをしていない時のあがりを考えてみましょう。

 

ロンあがりの時は、そのまま役の点数がもらえます。

ツモあがりの時は、あがり役に加えて「ツモ」の役が付き、翻数が1翻プラスされます。

 

ですからツモあがりのほうが点数は高くなります。

 

次に鳴いた場合、つまりポンやチーをしている時のあがりを考えてみましょう。

 

ロンあがりの時、そのまま役の点数がもらえます。

ツモあがりの時は、「ツモ符」が付きます。ツモ符とは、点数計算のときに使う数値で、この符が入ることで点数が上がることがあります。

スポンサーリンク

 

なので、鳴いていない場合でも鳴いた場合でも、ロンあがりよりもツモあがりのほうが点数は高くなるんですね。

 

麻雀でポンとチーとカンを使った戦術とは!攻撃と守備を徹底解説!
麻雀では、ポンやチーやカンは当たり前として使われますよね。 ポン、チー、カンは麻雀では「鳴く」ということですが、これらは戦術においてとても大事なことです。 鳴くことの効果を知っておけば、有利に手を...

 

ツモとロンのあがり方の共通点と相違点

 

では、ツモとロンのあがり方の共通点はどんなことでしょうか。

まずはあがる時に、「ツモ」や「ロン」と発声すること、これは共通しています。

 

そしてあがったときにタンパイする(手牌を倒して公開する)ことも共通しています。

どちらのあがりの場合でも、あがった牌をしっかり見せなければなりませんね。

 

タンパイとは?マイナーな麻雀用語にも面白い雑学がいっぱい!
麻雀をしていていると、たまに知らない麻雀用語に出会うことがありますよね。 というのも麻雀用語はたくさんあるので、すべてを網羅できている人はなかなか稀だと思います。 麻雀ではポンやロンなどのようによく使われ...

 

またツモとロンの大きな相違点は、点数申告の仕方です。

 

例えば12,000点のあがりの場合、ロンあがりの時は「ロン」に加えて「12,000」といいますが、ツモあがりの場合は「ツモ」に加えて子なら「3,000、6,000」そして親なら「4,000オール」といいます。

 

言い方には特徴がありますね。

 

子のツモあがりの場合は、子からと親からそれぞれ点数をもらうので、子から3,000点、親から6,000点もらうという意味で「3,000、6,000」というんですね。

 

一方親のツモあがりの場合は、3人の子から4,000点をもらうことになるため、3人ともすべて4,000点という意味で、「4,000オール」といいます。

ロンでは成立しない役がある

 

麻雀の1翻役に「メンゼンツモ(ツモ)」という役があります。

これは手牌の4組のメンツと雀頭を、すべて鳴かずにメンゼンで完成させる役になります。

 

この「ツモ」の役は、最後のあがり牌をロンすることができません。

必ずツモあがりのみとなるんですね。

 

またこの他にも、四暗刻(スーアンコー)の場合も、ロンでは成立しない場合があります。

それがこのようなシャンポン待ちのときです。

このようなシャンポン待ちだった場合、あがり牌をツモることができれば役満の四暗刻になりますが、ロンの場合は四暗刻にはならず、「三暗刻(サンアンコー)、トイトイ」の役になります。

 

このときヤクハイやドラがあればもう少し翻が付きますが、役満には程遠いですね。

 

麻雀のトイトイの狙い目とは?三暗刻や四暗刻との違いを解説!
麻雀の役でトイトイ(対々和)というものがありますね。 同じ牌を集めた3枚の組を4組作る役ですね。 このトイトイはメンゼンで2翻、鳴いても2翻という役なので、鳴くのが好きな人にとってはとても使い勝手...

 

このようにあがり牌をツモれば役満、ロンなら満貫止まり、という状況は結構あります。

役満と満貫ではあがり点が天と地ほど違ってくるので、ツモとロンの違いには注意が必要ですね。

まとめ

 

ここでは麻雀のツモとロンはどちらが得でどのような違いがあるのかを解説しました。

 

<ツモとロンについて>

・ロンは1人から、ツモは3人から点数をもらう

・一般にツモの方が入ってくる点数は高い

・ツモとロンのあがり方の共通点と相違点

・ロンでは成立しない役がある

 

ツモとロンは点数がもらえるという点では同じですが、異なる点もたくさんあるのでその違いによく注意しましょう。

 

徹夜の麻雀と昼間の麻雀ではどっちがおすすめ?その理由を解説!
麻雀をしていると、時間が経つのも忘れて対局に没頭してしまうことがありますよね。 麻雀はつい夢中になってしまうので、やめるにやめられず徹夜して朝になってしまった、という経験がある人も少なくないと思います。 ...

 

麻雀で役満を出すコツとは?作りやすさと確率を星5つで評価!
麻雀で大物手といえば役満ですよね。 麻雀のあがりの点数というのは、たった一つの役でも1,000点程度のものから48,000点のものまであって、役満はいつでも一発逆転の役とされていますよね。 そのた...

 

麻雀の初心者が絶対にしてはいけないこととは?実戦前に必ず確認を!
あなたは麻雀をするとき、気持ちよく打てているでしょうか。 いつも慣れ親しんでいる仲間と麻雀を打っているときは気にならないと思いますが、プレー中に嫌な思いをした経験がある人もいるかと思います。 麻雀...

 

麻雀の雑学と豆知識
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~