トイトイとは?この絶妙な鳴きであなたは最短最速であがれる!

 

麻雀の役に「トイトイ」というものがあります。

 

トイトイはなんとなくかわいい名前なので、すぐに覚えられる役ですよね。

 

このトイトイですが、この役を説明するときは「鳴く」という言葉も同様に説明する必要があります。

 

あなたは鳴くことが好きですか?

 

「鳴くと手が進むから好き」という人もいれば、「鳴くと点数が低くなるから嫌い」という人もいるでしょう。

 

そのように言えるのは当然のことで、一般の役では、鳴くと手が進みますが点数が下がってしまいます。

 

ところが、トイトイはそうではありません。

 

トイトイという役は、手を進めるために鳴いたとしても翻数が下がることはありません。

 

ちょっと驚きですよね。

 

トイトイでは、たとえ鳴いたとしてもメンゼンと同じだけの翻数になるんですね。

 

では、このトイトイとはどんな役なのでしょうか。

 

トイトイは「鳴く」ことと深く関係しているので、ここではトイトイという役と、鳴かない場合について解説したいと思います。

 

こちらは約10分の解説動画となっています。↓↓↓

トイトイとは?この絶妙な鳴きで最短最速であがろう!
スポンサーリンク

トイトイとはどんな役?

 

トイトイは、4つのメンツをすべてコーツで揃えます。

 

コーツというのは、とか、のように、まったく同じ種類の牌を3枚集めるメンツのことですね。

 

ですからトイトイは次のような牌姿になります。

トイトイの例

 

これは、4つのメンツがすべてコーツになっていますよね。

また、このトイトイのコーツの部分はカンツ(4枚の同じ牌)でも作ることができます。

 

この中にシュンツが一つでもあると、トイトイの役は付きませんね。

 

このトイトイはポンした形になっていますが、先述したとおりトイトイはポンをしても翻数はメンゼンのときと変わりません。

 

ポンしても翻数が変わらないというような役はあまりないので、この特徴を活かして役作りすることが大事です。

 

とりわけトイトイでは、鳴くことがあがりへの最短の道になります。

 

麻雀で鳴くとあがれない役とは!鳴いてもあがれる簡単な役ってなに?
麻雀では一刻も早くあがりたいのでポンやチーをすることがありますね。 ですが何でもかんでも鳴いてしまうというのには注意が必要です。 それは麻雀の役には鳴いてもあがれる役と鳴いたらあがれない役があるか...

 

なので、手の内に暗刻(アンコー)やトイツがあるときは、鳴くことでトイトイを狙えないか考えてみることが重要です。

 

またトイトイは、メンゼンでも鳴いても2翻の役ですが、ほかの役とも複合してさらに点数を高くすることもできます。

トイトイは待ちもわかりやすい

 

トイトイは4つのメンツをすべてコーツにするので、待ちの形は2種類しかありません。

トイトイでいちばん多い「シャンポン待ち」

トイトイのメンツを作っていると、アンコーよりも先にトイツができることが多いので、待ちはどちらかがコーツになってどちらかが雀頭になる「シャンポン待ち」になることが多いです。

トイトイのシャンポン待ち

 

この場合のシャンポン待ちでは、か、がくればコーツと雀頭がそれぞれ出来るので、トイトイの役ができますね。

 

ちなみにこのようなシャンポン待ちの場合、シャンポン待ちに使っている牌があがり牌なので、残りのあがり牌は4枚になります。

スポンサーリンク

4つのコーツが揃ったら「タンキ待ち」

トイトイでは雀頭よりも4つのコーツの方が先にできることもあります。

 

そのような場合は、シャンポン待ちではなく、雀頭の「タンキ待ち」になります。

トイトイのタンキ待ち

 

このトイトイの待ちは、のタンキ待ちになっていますね。

 

またトイトイの4つのメンツすべてをポンした場合も、最後はこのようなタンキ待ちになります。

 

地獄待ちとは?しっかりあがるための手牌と戦術を詳しく解説!
テンパイしているのに全然あがれない。 あがり牌の多い待ちにしているのになかなかロンできない。 このような経験はありませんか? あがり牌が十分に残っているのにあがれないというのは、相手にあがり...

 

トイトイと複合する役とは?

 

トイトイでよく複合するのが、タンヤオやホンイツです。

 

一九字牌を除いた牌でトイトイを作ればタンヤオ・トイトイになりますし、1種類の数牌と字牌とでトイトイを作ればホンイツ・トイトイになります。

 

トイトイではコーツを使うので、字牌を使った役と複合することが多く、点数も高くなることが多いです。

 

字牌を使って点数が高いトイトイに、「ホンロートー(ホンロートイトイ)」という役があります。

ホンロートー

 

ホンロートーは一九字牌で4つのコーツを作るもののことをいいます。

 

ホンロートーは作るのが難しい役ですが、一九字牌は局の序盤で捨てられることが多いので、それをうまく鳴くことができればこの役を作ることができます。

 

またこのホンロートーの役は4翻なので破壊力も抜群ですね。

 

老頭牌とヤオチュー牌の違いとは!その意味や狙える役、戦術は?
麻雀の牌にはいろいろな名称がついています。 マンズ、ピンズ、ソーズ、字牌などですね。 この他にも麻雀牌を分ける言葉として、数牌や一九字牌、それに老頭牌やヤオチュー牌という言葉があります。 こ...

 

トイトイをメンゼンで仕上げたら?

トイトイをメンゼンで仕上げたら役満になる

トイトイというのは鳴いてもメンゼンでも翻数が変わらないといいました。

 

しかしながらすべてをメンゼンで作ると、役は2翻にとどまりません。

 

トイトイの4つのメンツと雀頭をポンに頼らず自分で作った場合は、「四暗刻(スーアンコー)」という役満になります。

スーアンコー

 

スーアンコーは役満の一つですから、あがることができれば大逆転勝利もできます。

 

麻雀で役満を出すコツとは?作りやすさと確率を星5つで評価!
麻雀で大物手といえば役満ですよね。 麻雀のあがりの点数というのは、たった一つの役でも1,000点程度のものから48,000点のものまであって、役満はいつでも一発逆転の役とされていますよね。 そのた...

 

ですがこのスーアンコーには注意が必要です。

スーアンコーにならないときもある

以下のような牌姿をみてください。

四暗刻になるか?

 

このような場合、シャンポン待ちになっていますが、ツモあがりの場合はスーアンコーになりますが、ロンあがりの場合は「サンアンコー・トイトイ」になります。

 

なので、シャンポン待ちでロンあがりの場合はスーアンコーにはならないので注意が必要です。

まとめ

 

ここではトイトイという役について解説しました。

 

<トイトイについて>

・トイトイとはどんな役

・トイトイは待ちもわかりやすい

・トイトイと複合する役は

・トイトイをメンゼンで仕上げたら

 

トイトイは実戦では鳴いて仕上げることが多くなると思います。

なので、トイトイと複合できる相性のいい役を覚えておきたいですね。

 

麻雀で負けてばかりのときの対処法3選!勝てないあなたは必見!
「昨日も負けて、きょうも負けた・・・」 「麻雀、面白くないな・・・」 そのように思っていませんか? 確かに麻雀で負けると落ち込むこともありますし、嫌な気分になるときもあります。 ですが...

 

麻雀のトイトイの狙い目とは?三暗刻や四暗刻との違いを解説!
麻雀の役でトイトイ(対々和)というものがありますね。 同じ牌を集めた3枚の組を4組作る役ですね。 このトイトイはメンゼンで2翻、鳴いても2翻という役なので、鳴くのが好きな人にとってはとても使い勝手...

 

麻雀であなたのあがり点はなぜ低いのか?その理由を徹底解説!
麻雀では、高い役を簡単に作れる人となかなか作れない人がいます。 役をあがっても1,000点とか2,000点ばかりで、相手の満貫のあがりですぐに逆転されてしまうことがありますね。 あなたも何度かあが...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~