チャンカンとは!一発やカンドラは?見逃すとフリテンになる?

 

麻雀は役を作ってあがることを目的とする競技です。

 

その役というのはたくさんあって、なかにはあがり方が変わったものもあります。

 

その一つに、麻雀には「チャンカン(槍槓)」という役があります。

 

このチャンカンはあがり方が少し変わっていて、簡単にいうと相手が加カンした牌でロンあがりすることをいいます。

 

加カンした牌でロンすることができるのはこのチャンカンだけで、かなり特別なあがり方になります。

 

実際にこのチャンカンはかなり珍しい役となっていて、実際にこの役を知っていてあがったことがあるとか、振り込んだことがあるという人はかなり少ないのではないかと思います。

 

またチャンカンにはいくつかルールがあって、注意しなければならないことがあるんですね。

 

そこでここでは、このチャンカンについてのあがり方や注意点、雑学などを解説したいと思います。

 

こちらは約9分の解説動画となっています。

チャンカンは見逃すとフリテン?一発やカンドラは?
スポンサーリンク

5分でわかる!チャンカンのあがり方

 

チャンカンのあがりとは具体的にはどんな形なのでしょうか。

 

今あなたは、待ちのテンパイをしています。

 

そこに、をポンした相手がいます。

ポンしている

そこで相手がをツモってきて加カンしました。

加カンした

この瞬間に、あなたはそのロンあがりができるのです。

 

これがチャンカンといわれるあがりです。

 

このようにチャンカンではあがり牌をポンしている相手が必要で、その相手が加カンをしないと成立しません。

 

もしそのポンした相手が加カンをせずにそのまま河に捨てたら、その牌でロンあがりはできますが、チャンカンの役はつきませんね。

 

このチャンカンはロンあがりのみのあがりで、1翻の役になります。

 

手牌で作った役にチャンカンの1翻がプラスされるわけですね。

 

例えば手牌でタンヤオができていたとすると、タンヤオ1翻にチャンカンの1翻がプラスされて合計2翻の役になります。

 

また、もちろんチャンカンはれっきとした役の一つですから、チャンカンのみの役であってもあがりとして認められますね。

 

このチャンカンは基本的に加カンのみ成立する役となっています。

 

ですから、あなたのあがり牌がポンされているときは、相手が加カンしないかチェックするようにしましょうね。

 

カンとは?麻雀初心者が知っておきたいカンの基本とやり方!
麻雀で「鳴く」といったらポンやチーのことですが、このほかにカンもあります。 麻雀初心者だと、カンについてよく知らなかったり、カンをやったことがない場合もあるかもしれませんね。 「カンをやる意味が分からない...

 

チャンカンをするとそのカンは不成立

 

チャンカンをおこなうと、その時おこなわれたカンは成立しません

 

ですから4回目のカン、つまりスーカンツを試みようとした加カンがチャンカンされた場合は、その加カンは成立しないので、4回目のカン(スーカンツ)は成立しないことになります。

 

つまりチャンカンをすることで、相手の加カンを無効化できるということですね。

 

ですからチャンカンであがった場合は、その加カンによる「カンドラ」は発生しません。

 

加カンはおこなっていないものとみなしますから当然ですよね。

 

四槓子(スーカンツ)の役満を阻止できる5回目のカンとは?
麻雀には役満の役がいくつかあります。 あなたがよく知っているのは、国士無双(こくしむそう)とか四暗刻(スーアンコー)とか大三元(ダイサンゲン)などですよね。 ですが、あまりよく知らなかったり見かけ...

 

ではリーチをかけていた場合はどうでしょうか。

 

一般にリーチをかけて1巡以内にあがると「一発」の役が付きますよね。

スポンサーリンク

 

この「一発」は、チャンカンと複合することができます。

 

通常ですとリーチの一発は、1巡以内にポンやチーあるいはカンが行われると消えてしまいます。

 

ところがチャンカンした場合はその時のカンは成立しませんから、リーチの一発も消えないことになるんですね。

 

ですからチャンカンと一発は複合することができる役だということですね。

 

リーチをかけた状態で相手が加カンする状況というのは、稀にあることなので覚えておくようにしましょう。

チャンカンを見逃すとどうなる?

 

チャンカンのロンあがりを見逃したとしても、次のあがり牌を待てばいいや、と思うかもしれませんが、実はそれができません。

 

チャンカンのあがり牌を見逃がすと、なんとフリテンになってしまうのです。

 

ですから例えば、あなたが 待ちのテンパイをしていたとします。

 

そこに、をポンした相手がいます。

ポン

そこで相手がをツモってきて加カンしました。

加カン

このとき、あなたはそのでチャンカンのロンあがりができたのですが、ロンしませんでした。

 

次巡に今度は相手がを河に捨てました。

 

この場合は、あなたはフリテンになっていて、 待ちでもあがれません。

 

あがれるのは、ツモあがりのみとなってしまいます。

 

これは、 待ちでを見逃してしまったのでフリテンとなり、でも でもあがれない状態になってしまうんですね。

 

ですから加カンの牌も注意深く見ていないと、あがり牌を逃してしまうことになるんです。

 

なのでチャンカンであがれる場面があったら、取りこぼしのないようにしないといけませんね。

 

フリテンリーチの活用法!不利な局面を勝ち抜くヒントがわかる!
麻雀では有利な局面もあれば不利な局面もありますよね。 どちらの場合もそれなりの状況判断が必要ですが、とりわけ不利な局面での判断が大事になります。 麻雀は一手一手で局面がガラリと変わるので、過去の局面とまっ...

 

チャンカンはローカル役ではない!

 

ここで紹介しているチャンカンですが、ルールや注意点が複雑なのでローカル役だろうと思うかもしれませんが、チャンカンはローカル役ではありません。

 

どんな解説本にも載っているれっきとした基本の役の一つなんです。

 

このチャンカンのあがりはめったに出ることはありませんが、正式なあがり役の一つなので注意が必要です。

 

麻雀で変わったあがり方!チャンカン、流し満貫、真似満とは?
麻雀では通常では手牌の役を作ってあがります。 牌山から牌をツモってきて要らない牌を捨てる、そしてまた牌山から牌をツモって要らない牌を捨てる、とこれを繰り返すわけですね。 ですが、このように牌山から...

 

まとめ

 

ここではチャンカンという役について解説しました。

 

<チャンカンについて>

・5分でわかる!チャンカンのあがり方

・チャンカンするとそのカンは不成立

・チャンカンを見逃すとどうなる?

・チャンカンはローカル役ではない!

 

チャンカンはめったに見ることができない役ですが、万が一の時のためにルールをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

 

相手の手牌を読むには?相手の心理や癖を見抜くコツを解説!
麻雀は自分以外に3人の相手がいる競技です。 相手の手牌というのは当然見えないわけなので、どのように手の内を読むかが重要ですよね。 どんな役を狙っているのか、何点くらいの役なのか、ドラを持っているの...

 

老頭牌とヤオチュー牌の違いとは!その意味や狙える役、戦術は?
麻雀の牌にはいろいろな名称がついています。 マンズ、ピンズ、ソーズ、字牌などですね。 この他にも麻雀牌を分ける言葉として、数牌や一九字牌、それに老頭牌やヤオチュー牌という言葉があります。 こ...

 

チョンボとは?麻雀のルール違反にはきちんとした罰則があった!
麻雀をしていてルールに反することをしたり、進行を妨げたりしたことはありませんか? 悪気はなくても、途中で牌の数が合わなくなったり、牌山に指を当てて崩してしまうことなどはあるかもしれませんね。 そんなとき初...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~