麻雀の守りでもう迷わない!初心者のレベルアップのカギ3選!

 

麻雀では、役作りしてあがりに向かっていくという攻めの姿勢が大事ですね。

ですから、できるだけ多くの役やルールを覚えて役作りのコツを身につけていくことが必要なんですね。

 

ですが、麻雀は攻めてばかりではなかなか勝つことができません。

麻雀には攻めることと同様に、守りという大きな要素があるんですね。

 

どんなにあがることができても、守りが手薄で何度も振り込んでいるようでは、点数は稼げないし最後に勝つこともできないです。

 

ですが、この守りという作業は主に自分の手牌の中でおこなうことなので、すごく地味に感じるかもしれません。

 

それでも守りの作業をしっかりと行うことで、相手のあがりを阻止してあなたの点棒を減らさないようにすることができます。

 

では麻雀でどんな守りが必要なのでしょうか。

 

麻雀の守りを知れば、間違いなくレベルアップすることができます。

 

そこでここでは、麻雀の守りについてを解説したいと思います。

 

こちらは約7分の解説動画となっています。↓↓↓

麻雀の守りでもう迷わない!レベルアップの鍵とは?
スポンサーリンク

麻雀で守りといわれることとは

 

役作りしてあがりに一直線にむかうことが攻めならば、守りは相手に振り込まないようにすること、つまり自分から点棒が出ていかないようにすることです。

 

もしあなたが相手に振り込むことが多いのであれば、あなたは守りができていないことになります。

 

特に守りでは、いかにして安全牌を見つけられるかがポイントになってきます。

うまく安全牌をみつけることができれば、振り込む危険性はないわけですから、あなたは上手く守りができていることになります。

 

麻雀で放銃率を劇的に下げる3つの方法!その牌、切って大丈夫?
麻雀でロンあがりができると嬉しいですよね。 一生懸命役作りした苦労が報われる気がします。 逆にロンされるとかなりテンションが下がってしまいますよね。 でも麻雀ではロンされない人なんていないん...

 

守りに関しては、どんな牌に注意するかということと、いつどのような状況のとき注意すべきかということが大事になります。

特に守りが重要だからといって、局の最初から守っていては意味がないわけですからね。

 

ですから、その時々の状況に応じた守りの対策、つまり守るタイミングも大事になります。

 

そうすれば、攻めを十分に活かしながら守りに徹することができますね。

攻めと守りのバランスが大事

 

攻めと守りは、どちらか一方ではなく両方とも必要です。

大事なのはそのバランスということです。

 

攻めるところでは攻めて守るところでは守る、という押し引きが大事なんですね。

 

ではどこまで攻めて、どこから守ればいいのか。

 

麻雀初心者の基本のスタンスを解説!攻めてばかりじゃ勝てない?
麻雀ではどんな姿勢で臨むのがいいのでしょうか。 基本的に麻雀は点数勝負なので、役を作ってあがりに向かうことが普通の打ち方だと思います。 ですが麻雀は4人でやるものなので、毎回毎回あがり続けられるも...

 

これは一つの目安ですが、10回目のツモがポイントになります。

スポンサーリンク

 

麻雀では一局一人当たり約18回のツモがあります。

ですから、配牌から終了までを2つに分けると、だいたい10回目のツモくらいがちょうど中間点になるんですね。

 

そしてその中間点までは攻めを重視して、中間点以降は守りを重視するというのが攻守のバランスのとり方の一つとなります。

 

なので最初は攻めから入るわけですね。

そして役作りを進めていって、10巡目までにテンパイできれば勝負して、そしてテンパイできなければ10巡目以降は捨てる牌を絞って、振り込まないようにしていきます。

守りを特に重視すべき時とは

ヤクハイがドラになっている時

ヤクハイがドラになっている時で自分にドラが来ているときはチャンスですが、ドラが来ていない時や河にも捨てられていない時注意が必要です。

 

ドラがまだ見えていないわけですから、相手が持っている可能性があるというわけです。

そうすると、相手は点数の高い役を狙ってくるので、あなたはしっかり守らなければなりません。

 

その時は、序盤であっても終盤のような気持ちで捨て牌を選んでいくことが大事になります。

 

ですから対局が始まって、配牌が配られてドラ表示牌が開けられたら、ヤクハイがドラになっていないかちゃんと確認しましょうね。

相手が一色手を狙っている時

一色手とはホンイツやチンイツのことですね。

このような手を相手が狙っているかどうかは捨て牌を見ればわかります。

 

一色手を狙う場合は、1種類の牌を集めるので、その牌が捨てられることはあまりないんですね。

ですから、マンズ、ピンズ、ソーズのうち、この中であまり切られていない牌を探せばいいのです。

 

怪しい捨て牌に要注意!相手の狙いや意図をわかりやすく解説!
麻雀は上手くあがれるときもあれば、振り込んでしまうときもあります。 特に麻雀を覚えたばかりだとあがることに夢中になって、相手の捨て牌やあがり牌が目に入らないものです。 ですが麻雀でしっかりと最後に...

 

このようなときは、あまり切られていない1種類の牌をあなたは切らないようにするということが守りになるんですね。

相手がドラをポンやカンをした時

また守りが大事になるのが、相手がドラをポンした時です。

ドラをポンすると、4翻以上の手を狙っている可能性もあります。

 

このような場合はあえて勝負にいく必要はないです。

もし満貫あるいはそれ以上の役に直撃で振り込んでしまうと、致命的なダメージを負うことになります。

 

そしてまた、カンをおこなったときにも注意が必要です。

 

カンをすると、新しいドラ表示牌をめくって新しいドラが増えますよね。

 

麻雀でカンのメリットとは?タイミングや効果的な戦術を詳しく解説!
あなたは麻雀の対局の中で、カンをしていますか? 麻雀の中でもポンやチーはする人が多いと思いますが、カンに関しては良く理解してないためか、効果的に使っている人は少ないように感じます。 ではそのカンの...

 

すると、今までは何でもない牌だったのに、それがドラに変わってしまうことがあるんですね。

ですからただのポンが、いきなりドラ3になってしまうこともあるんです。

 

なのでカンには状況を一変させる力があるというわけですね。

まとめ

 

ここでは麻雀における守りについて解説しました。

 

<麻雀の守りについて>

・麻雀で守りといわれることとは

・攻めと守りのバランスが大事

・守りを特に重視すべき時とは

 

攻めと違って守りは消極的で地味なイメージがあるのですが、麻雀ではとても大事な要素です。

なので守りに関しても、たくさんの知識と技術を学んでいくようにしましょう。

 

使えないドラは要らない?目からウロコの高得点ゲットの方法!
麻雀で高い点数をあがることって気持ちが良いことですよね。 満貫やハネ満、そして役満などは、本当に日々の疲れを吹き飛ばして気分爽快になります。 麻雀のあがりには、点数の高いものから低いものまでたくさんありま...

 

麻雀でポンとチーとカンを使った戦術とは!攻撃と守備を徹底解説!
麻雀では、ポンやチーやカンは当たり前として使われますよね。 ポン、チー、カンは麻雀では「鳴く」ということですが、これらは戦術においてとても大事なことです。 鳴くことの効果を知っておけば、有利に手を...

 

麻雀でテンパイ気配の読み方や見抜く方法とは?初心者必見の解説!
麻雀をやっていて振り込みが多くて悩んでいませんか? 麻雀では相手のテンパイが読めないと、うまく攻めたり手堅く守ったりすることができません。 ですから放銃が多い人は、相手のテンパイがほとんど読めてい...

 

麻雀の戦術
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~