麻雀初心者が上級者に勝つ方法!勝てないあなたはぜひお試しを!

 

麻雀で勝つことはとても難しいことです。

それはどんな上級者にもいえることですから、麻雀をよく知らない初心者はなおさらのことですよね。

 

あなたも麻雀になかなか勝てなくて、悔しい思いをしていませんか?

それとも、初心者だから勝てなくて当たり前、と諦めていますか?

 

どちらの場合も、このままでいいとは思いませんよね。

 

なんとかしたい。

対策をしたい。

勝負したい。

勝ちたい。

 

そう思う人がほとんどだと思います。

初心者だっていつかは上級者にも勝ちたいはずです。

 

ですが、麻雀で上級者に勝てないと思っているあなたは、少し頭が固いです。

ちょっと工夫すれば、初心者でも上級者に勝てる方法はたくさんあるんです。

 

麻雀は誰もがあがることができて、誰もが楽しむことのできるゲームです。

ですから麻雀には、まだあなたが知らないあがり方、ルール、楽しみ方がたくさんあるんですね。

 

ですから、麻雀で全然勝てないとか、負け続けるというのは、本質的な意味で麻雀を楽しめていません。

たとえその相手が上級者だとしてもです。

 

麻雀は上級者に勝ってこそ楽しいですよね。

では、麻雀初心者が上級者に勝つにはどのような方法があるのでしょうか。

 

こちらは約8分の解説動画となっています。↓↓↓

初心者が上級者に勝つ方法3選!勝てないならお試しを!
スポンサーリンク

新ルールを作れば面白いように勝てる!

 

麻雀の上級者に勝つための方法の一つに、麻雀の新しいルール作るという方法があります。

ルールを変えたら麻雀じゃない、と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

そもそも麻雀には、一般の麻雀ルールのほかに競技麻雀ブー麻雀などいろんなルールがあって、またやる地方や人によって変わるローカルルールというのもあります。

 

競技麻雀とは?真の雀力が試される独自のルールや戦い方を解説!
リーチをしてあがったときは気持ちが良いですよね。 特に一発であがったときはうれしさも倍増です。 また、リーチであがったときあなたは裏ドラを見ますよね。 そして裏ドラも乗ったら、「今日はツイてるな~」...

 

ですから、麻雀のルールは一つではないということです。

 

なのでここは頭を柔らかくして、いつもやってる麻雀のルールを、初心者でも上級者といい勝負ができそうなルールに作り変えましょう。

 

さて、あなたならどんな新しいルールを作りますか?

新しいルールの例をジョンがいくつか考えてみましたよ。

 

・上級者はドラを使うの禁止

・初心者が使う字牌はすべてドラ扱い

・初心者の振り込みの点数はすべて1/2

・上級者の振り込みはすべて役満払い

・上級者は奇数翻(1,3,5翻等)のあがりはできない

・上級者はテンパイしたら「テンパイ」と言う

・初心者のあがりではすべて裏ドラが見られる

 

こんな麻雀なら初心者でも楽勝?面白いルールや遊び方を考えてみた!
麻雀は振り込んだりあがったりして、最終的にトップを目指すゲームです。 ですから麻雀の醍醐味は大きな役を作って、勝負に勝つことですよね。 ですが、麻雀にはうまい人と下手な人がいて、初心者の中にはなか...

 

…などなど、たくさん考えられますね。

もし絶対に勝ちたいのであれば、これらを組み合わせてもいいでしょうし、もっと上級者が不利になるルールにしてもいいと思います。

スポンサーリンク

ハンデをつけて全力の上級者と闘おう!

 

また麻雀初心者が上級者に勝つには、上級者にハンデをつけてもらうという方法があります。

ハンデをつけるとなれば、相手の力量によってハンデの大きさを調整することができます。

 

このようなハンデをつければ、条件の厳しい上級者はつねに全力でプレーしなければなりません。

ですから、100%全力の上級者とやりたい初心者にはおすすめです。

 

ハンデの付け方は、例えば点数に関するものがありますね。

・初心者の持ち点やあがり点を多くする。

・または上級者の持ち点やあがり点を少なくする。

などがありますね。

 

点数は麻雀の勝敗に大きく関係してきますので、その微妙な点数調整が難しいですけどね。

以下に点数のハンデの付け方の例をご紹介します。

 

・上級者は0点からスタート

・初心者は5万点からスタート

・初心者のあがりはすべて満貫

・上級者のあがりは3翻が上限

・初心者はリャンメン待ち以外の待ちはあがり点5

 

点数のハンデは上級者との実力の違いがわかりやすいので。あがれるようになってきたらハンデを少なくしていけばいいですし、まだ勝てないようならさらに大きなハンデをつければいいですよね。

 

こんな麻雀は面白い?やってみたくなる楽しいルールを考えてみた!
麻雀をやっているといろんなことを考えます。 当然あがるために戦術を練っているのですが、ふとした瞬間に、「あれ、これって、こんなルールだったら面白いんじゃないか?」と思うことがあります。 その面白そ...

 

団体戦なら実力は差があった方が面白い!

 

また初心者が上級者に勝つには、団体戦にするという方法があります。

つまり、個人で戦うのではなくて、チームで戦うのです。

 

団体戦なら初心者は上級者とチームを組むことができますし、たとえ初心者が足を引っ張っても上級者が取り返してくれます。

 

また逆に、強い上級者がいても弱い人とチームを組んでもらえば、弱い人にいい感じに足を引っ張ってもらえるので、いい勝負になりますね。

 

団体戦といっても、初心者同士で組んだり上級者同士で組んだらダメですよ。

 

この団体戦をやる場合、初心者と上級者の実力の差は大きければ大きいほど面白いです。

これは初心者が支払い担当で、上級者が回収担当になるからなんですね。

 

このように点数の出入りが多いと、麻雀はとても面白くなりますよ。

 

麻雀で初心者がカモにされない3つの方法!あなたは狙われてる?
麻雀では勝つこともあれば、もちろん負けることもあります。 そしてあがることもあれば、振り込むこともあります。 麻雀には実力以外にも運の要素もあるため、ずっとあがり続けることはできないですし、ずっと振り込み...

 

まとめ

 

ここでは、麻雀初心者が上級者に勝つ方法を紹介しました。

 

<麻雀初心者が上級者に勝つ方法>

・新しいルールを作る

・ハンデをつける

・団体戦にする

 

ですが、ここで紹介した上級者に勝つ方法は、やる前に勝負する上級者を含め対局者のみなさんから了解を得なければなりません。

 

なかには、新しいルールではやりたくないとか、ハンデをつけたくない、団体戦でやりたくないという人もいるかもしれません。

 

確かに、いきなり全局のやり方を変えることには抵抗があるかもしれませんよね。

 

そのときは、対局の中で一局とか二局だけやり方を変えてみるのを提案してみてはいかがでしょうか。

 

麻雀のやり方を変えてみると、今までとはまた違った麻雀の面白さに気づくはずですよ。

 

麻雀の役|2翻以上の役の種類と作り方の解説!初心者におすすめは?
麻雀の役はたくさんありますが、それらを把握できていますか? 役の種類によっては翻の大きなものと小さなものがあって、麻雀ではその場の状況によって狙う役を選んでいかなければなりません。 ですから役の種...

 

麻雀初心者がついやってしまう間違い4選!注意すべきルールは?
麻雀というゲームは、本当にルールが複雑なゲームです。 麻雀は4人で遊ぶゲームなので、公平に行うためにも麻雀のルールはとても大切です。 ですが、麻雀をまだ始めたばかりの初心者は、つい間違ったことをし...

 

麻雀の初心者と上級者の違いとは?両者のやり方や考え方を徹底比較!
麻雀では振り込んだりあがれなかったりすることがあると思います。 そんなときあなたは「どうして勝てないの?」と思って落ち込むことはありませんか? また、あがったときでも初心者は嬉しさのあまり大声を上...

 

麻雀の楽しみ方
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~