麻雀であなたの嫌いな役は何?あがりづらくて人気のない役4選!

 

あなたは麻雀をやっていて、「この役はあがりやすいな~」とか「いつもこの役はあがれない」などいろんなことを感じるかと思います。

 

役に対するイメージでも、あなたに合った役もあれば、なかなか思うようにいかない役もあるでしょうね。

 

麻雀を長く打っていると、比較的あがりやすい役もあれば、狙っては見るもののいつもあがることができなない役というのもあると思います。

 

では、たくさんのあがり役の中でも、特にあなたの嫌いな役とはどんなものでしょうか。

 

あなたは麻雀を打っていて、「この役はいつもあがれないんだよな~」とか「役作りしにくくてあまり好きじゃないんだよな~」などと感じるのはどんな役のときでしょうか。

 

あなたがその役を嫌いになるには、何らかの理由があるはずですよね。

 

そこでここでは、あなたが苦手としている役や嫌いな役、そして嫌いになった理由というのを集めてみました。

 

こちらは約8分の解説動画となっています。↓↓↓

麻雀であなたの嫌いな役は何?人気のない4役を紹介!
スポンサーリンク

多くの人が嫌いな役は「純チャン・チャンタ」

 

麻雀の役の中で、あまりいい印象のない役が「純チャン」や「チャンタ」です。

 

その理由は、なんといっても役が作りづらいからですね。

 

「純チャン」や「チャンタ」を作っていても、なかなか手が進まずイライラすることがあるんですよね。

 

麻雀のチャンタとは?純チャンとの違いや狙い目、複合役を解説!
麻雀の役にチャンタというものがありますね。 麻雀の初心者にはあまり馴染みのない役かもしれませんが、チャンタは麻雀の戦術においてとても大事な役のひとつとなっています。 主にチャンタは一九字牌を中心に...

 

特に純チャンやチャンタでは、待ちがリャンメン待ちになることは少なく、だいたいカンチャン待ちかペンチャン待ちになってしまいます。

 

カンチャン待ちやペンチャン待ちはとても効率が悪いですから、メンツを作るときは真っ先に切られてしまう牌なんですね。

 

また純チャンやチャンタは、役作りが難しいのに点数がそんなに高くないところも嫌われる理由の一つになっています。

 

純チャンやチャンタの役もほかのピンフやサンショクなどと複合することができれば点数は高くなるんですけどね。

 

でも実際は純チャンやチャンタを作るときは鳴くことが多いと思います。

ですから、あまり点数が伸びないんですね。

簡単そうで難しい「イッツー」も人気がない

 

イッツーとは「一気通貫」のことですね。

このイッツーも人気のない役のひとつです。

 

麻雀のイッツーとは?意味や狙い目、複合役やローカル役を解説!
麻雀の役にイッツー(一気通貫)というものがあります。 イッツーは同種の牌を1から9まで順子で揃える役で、123、456、789と3つのメンツを作ると成立します。 ただしイッツーの順子は123、34...

 

どうして人気がないのか気になりますが、その理由として、初心者のうちはこのイッツーをあがる機会がかなり少ないということが挙げられます。

 

あがる機会が少ないというのは、つまり役作りが難しいということです。

イッツーは2翻の役の中では、役作りが簡単そうに見えて実は難しい役なんですね。

 

待ちがカンチャン、ペンチャン待ちになったり、仮にリャンメン待ちになってもイッツーの役が確定しなかったりするので、なかなか大変なんです。

スポンサーリンク

 

なので悪い待ちが残りやすくあがりにくいんです。

 

同じ2翻だったら、サンショクとかトイトイを狙った方が格段にあがりやすいんですね。

 

また、イッツーがあがりにくい理由に、3つのメンツを同じ種類の牌で作らなければならないということも挙げられます。

 

マンズのイッツーだったら、という牌を揃えなければいけないので、手牌がマンズに偏りますし、相手にも警戒されやすいんですね。

 

一般に、あがりにくい役というのはあまり人気がないですね。

タメンチャンで頭が混乱する「チンイツ」

 

チンイツは麻雀の役の中でもキレイな形で点数も高いため、好きな人が多そうですよね。

 

ですが、チンイツでは一種類の牌しか使わないので待ちが複雑になって、あがり牌を見逃がしてしまったり間違えてしまうことがあるんですね。

 

麻雀でチンイツとは?意味や狙い目、待ちや利点・欠点を解説!
麻雀の役にチンイツというものがあります。 チンイツがどんな形なのかは、あがりの形を見るのが最も速いのですが、そのメンツの形はキレイに同じ種類の牌だけでできています。 このチンイツはあがり役の中でも...

 

なので、待ちが複雑になるタメンチャンを苦手とする人や、チョンボをしてチンイツを嫌いになったという人も少なからずいるのです。

 

ですからチンイツを狙う人というのは、もちろん好きで狙っている人もいるでしょうが、今の順位や点数状況から、チンイツを狙わざるをえないこともあるんです。

 

点数をひっくり返すにはチンイツの点数が必要だからという理由で、やむなく狙っているという感じですね。

 

あなたも負けている時、あまり種類が多くない牌でも無理やりチンイツを狙いにいったことはありませんか?

 

このチンイツのように、あまり好きではない苦手な役でも場合によっては狙いにいかなければならないこともあるんですね。

 

麻雀は最後の最後まで諦めてはいけない理由3選!大逆転できる?
何度も振り込んで点数もない。 もう終局間近で対局が終わってしまう。 そんな経験はありませんか? 麻雀は4人で点数を競うゲームですので、初心者がずっと勝ち続けることは難しいと思います。 ...

 

狙っても不発に終わることが多い「国士無双」

 

国士無双は麻雀の役満の中では、かなり出しやすい役の一つですよね。

 

その国士無双は好きな人と嫌いな人に分かれる役です。

 

国士無双はあなたも何度も狙ったことがあると思いますが、やはり役満の一つなので最後まであがれなかったり、他の人に先にあがられてしまったりして不発に終わることが多いと思います。

 

なので、かなり悔しい思いをすることが多いのが国士無双なんですね。

 

そして、この国士無双もチンイツと同じように、かなり無理やり狙いにいくことが多い役です。

 

配牌が悪くて何の役を狙えばいいのかわからない時に、国士無双を狙うことが多いのではないでしょうか。

 

その国士無双でもあがりやすい役満といわれているのは、それだけ狙いにいっている数が多いからです。

 

そんな悔しい思いをすることが多い国士無双ですから、あまり好かない人もいるんでしょうね。

 

区別できてる?役満を狙って良いときと狙っちゃダメなとき!
麻雀をしていて、あなたの勝率はどれくらいですか? 麻雀では当然勝ち続けるのは難しいのですが、同じレベルの人と打っているのに全然勝てず負け続けているのであれば、麻雀についての戦術や役作りについてを一度考え直す必要...

 

まとめ

 

ここでは、あなたの嫌いな役はどんなものがあるのかということを解説しました。

 

<嫌いな役>

・純チャンやチャンタ

・イッツー

・チンイツ

・国士無双

 

麻雀では役によって好き嫌いがあると思いますが、それらを使って楽しむ「麻雀」自体は嫌いにならないでくださいね!

 

麻雀でおすすめの高い役3選!より高得点が欲しいあなたは必見!
あなたは麻雀で高い点数をあがることができていますか? 麻雀のあがりというのは1,000点のものから上は48,000以上のものまであります。 ですからたとえ1,000、2,000点のあがりをしたとしても、相...

 

麻雀の戦略の考え方!負けない戦い方をマスターして初心者脱出!
あなたは麻雀で思うように勝てなくて悩んでいませんか? 「トップだったのに最後で抜かれてしまった」 「リーチをかけても全然あがれない…」 そんな経験がある人は結構多いのではないかと思います。 ...

 

麻雀の部屋を作りたい!将来の私の理想の麻雀部屋に備えたい物とは?
麻雀が好きな人には、いろんな希望や夢、野心や望みなどがあると思います。 「いつか絶対、チューレンポートーをあがりたい」とか「あこがれのあのプロ雀士と打ってみたい」とか「自分がプロの雀士になりたい」など、人によっ...

 

麻雀の楽しみ方
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~