これができるのは麻雀マンガの中だけ?再現不可能な3つとは!

 

麻雀にはいろんな役やルールがあります。

 

そんな役の中には、「こんな役は本当にできるの?」と思うような形もあります。

 

ですが麻雀マンガの中では、普段はなかなか出ない珍しい場面や見たことのない役がたくさん出てきますよね。

 

そして役満のような点数の高い役がポンポン出てくるのも麻雀マンガならではです。

 

麻雀マンガで出てくる手牌や役は難しいものが多いのですが、それはマンガのストーリーに面白さを加えてエンターテインメント性を出しているからです。

 

ですが多くの人がやる普段の麻雀では、たとえプロだとしてもなかなか役満を出すことは難しいです。

 

役満は、作るのが難しい役だからこそ高い点数になっているんですね。

 

では麻雀マンガの中でしか見ることのできない場面や手牌とはどんなものなのでしょうか。

 

こちらは約10分の解説動画となっています。↓↓↓

これができるのは麻雀マンガの中だけ?再現不可能な3選!
スポンサーリンク

レアな役満をレアな方法で阻止!

 

役満の中で「国士無双(こくしむそう)」はあがりやすい役満だといわれています。

 

国士無双とは一九字牌を1枚ずつ集めるものですが、13種類の一九字牌を13枚そろえて雀頭を待ちにする形を、特別に「国士無双13面待ち」といいます。

国士無双13面待ち

 

上の形では一九字牌のどの牌がきても雀頭が出来るのであがりになります。

 

この国士無双13面待ちは、ルールによってはダブル役満になることがあるほんとに珍しい役なんですよね。

 

ですが、この国士無双にはもう一つ特別なあがりがあることを知っていますか?

 

それが国士無双の暗カンロンあがりというものです。

 

これは、誰かが一九字牌を暗カンしたとき、それが国士無双のあがり牌だった場合はロンをすることができるというものです。

 

麻雀のローカル役!十三不塔、五筒開花、国士無双の暗カンロンとは?
麻雀にはさまざまな役がありますが、「こんな役もあるの?」とか「こんな役は見たことがない」といったこともあるんですね。 それらはローカル役といって麻雀をやる人や場所によってルールが変わる、一種のマイナーな役なんで...

 

暗カンでロンできるというのは、たくさんの麻雀の役の中でも国士無双だけです。

 

この国士無双の暗カンロンあがりは、マンガ「哲也」の中に出てきたんですね。

 

ですが、そこではこのロンあがりは成就しませんでした。

 

なぜかというと、そのときにおこなわれた暗カンは4回目のカンだったからです。

 

4回のカン「スーカンツ」というのは流局になるというルールがあります。

 

ですからその場は流れて、国士無双のロンあがりは成立しなかったんですね。

 

国士無双の暗カンロンあがりをスーカンツで阻止するなんて、マンガでしか起こりえない面白いケースですよね。

 

四槓子(スーカンツ)の役満を阻止できる5回目のカンとは?
麻雀には役満の役がいくつかあります。 あなたがよく知っているのは、国士無双(こくしむそう)とか四暗刻(スーアンコー)とか大三元(ダイサンゲン)などですよね。 ですが、あまりよく知らなかったり見かけ...

 

3人の役満が流局になった!

 

麻雀では途中流局になることがあります。

 

途中流局というのは、自分の手牌が悪いときは良いのですが、手牌が良いときだともったいないですよね。

 

せっかくいい手だったんだから流してほしくなかったと思ってしまいます。

 

もしそれが役満などの大きな手だったらなおさらですよね。

 

それで、マンガの中で次のような場面がありました。

 

Aさんが大三元(ダイサンゲン)のテンパイをしていたんですね。

大三元・中待ち

スポンサーリンク

 

この大三元はシャンポン待ちになっていて、が出れば大三元の役満が成立しますね。

 

こんな局面だったら絶対にあがりたいところですよね。

 

そして、場にが出たんですね。

 

そこですかさず「ロン!」と言ったのですが、ほかのBさんとCさんの2人からも「ロン」の声が聞こえました。

 

そのとき、BさんとCさんもテンパイしていたんですね。

 

Bさんの手牌はなんと、国士無双だったんです。

国士無双・中待ち

 

上の牌姿では、確かにがくれば国士無双の役満が成立しますね。

 

そしてCさんもロンをしたのですが、Cさんの手牌は、なんと四暗刻(スーアンコー)だったんです。

四暗刻・中待ち

 

上の牌姿は、確かに雀頭のが来れば四暗刻の役満が完成しますね。

 

ですからこのとき、AさんもBさんもCさんも役満をロンしたわけです。

 

ですが、3人のロンというのは「三家和(サンチャホー)」といって、流局になるきまりがあります。

 

ですから、結局3人は誰も役満をあがることができなかったんですね。

 

3人の役満が流局になってしまうなんて面白いですよね。

 

トリプルロン(三家和)の黄金ルール3選!その鉄則の理由とは?
「ロンロンロン!」 このような3人のロンをみたことはありますか? ロンは一人にだってされるのは嫌なのに、3人からロンされたらもう言葉も出ませんよね。 3人のロンはなかなかないことだと思います...

 

イカサマ「燕返し」が難しい2つのポイント

 

麻雀のイカサマの一つに「燕返し(つばめがえし)」というものがあります。

 

燕返しは、自分の牌山のなかにあがりとなる14枚を仕込んでおき、相手の隙をついて、手牌と仕込んだ14枚をそっくり入れ替えるというイカサマです。

 

これは麻雀マンガの中でよく使われたイカサマなのですが、実際に再現することは不可能といえます。

 

この燕返しのイカサマには難しいポイントが2つあります。

 

まず1つ目が、あがりとなる14枚を正確に自分の牌山に積み込むということです。

 

このような積み込みは全自動卓では当然できませんし、手積みの麻雀でも1枚か2枚ならまだしも、14枚もの牌を積み込むのは確実に相手に怪しまれます。

 

そして難しい2つ目が、仕込んだ14枚と手牌の入れ替えです。

 

そんな大胆な行為をやり遂げるのは至難の業といえます。

 

ですから、燕返しができるのはマンガの中だけということです。

 

もちろん、麻雀ではどんなイカサマもしてはいけないことですけどね。

 

麻雀のイカサマに注意!やってはいけないズルい行為と防止法とは?
麻雀に限らずどんなゲームでも公平公正にやるのが最低限のマナーです。 ですが麻雀にはイカサマと呼ばれる、やってはいけないズルい方法がいくつかあります。 そのズルい行為をやらないことはもちろんですが、...

 

麻雀のイカサマはマンガの世界だけ?それとも実際にできるのか?
あなたは麻雀のマンガを読みますか? 麻雀のマンガはほとんどがフィクションなんでしょうけど、そこに出てくる麻雀の役やルールは実際のものと基本的には同じです。 そしてマンガの中でよく出てくるものといえ...

 

まとめ

 

ここでは、こんな手牌はマンガの中だけということを解説しました。

 

<これができるのは麻雀マンガだけ>

・レアな役満をレアな方法で阻止

・3人の役満が流局になった

・イカサマ「燕返し」が難しい2つのポイント

 

ここで紹介した麻雀マンガの中の場面というのは再現が難しいものばかりですが、マンガの中には再現ができるものもあると思うので、それを探してみるのも面白いですね!

 

麻雀の「流局」を解説!どこまでツモれる?親が流れる場合は?
あなたが麻雀で好きなことはどんなことでしょうか。 やっぱり振り込みよりあがった方が気持ちいいですよね。 麻雀のあがりではロンあがりやツモあがりがあります。 ところが麻雀には振り込みも...

 

麻雀のマンガが面白い!「哲也」で学ぶ役の種類と打ち方のルール!
あなたはマンガをよく読んでいますか? 今ではたくさんのマンガがありますけど、麻雀を題材にしたマンガのもあって、マンガも麻雀も好きな私は、麻雀のマンガを一度読むとすぐにハマってしまいます。 特に、「...

 

麻雀で変わったあがり方!チャンカン、流し満貫、真似満とは?
麻雀では通常では手牌の役を作ってあがります。 牌山から牌をツモってきて要らない牌を捨てる、そしてまた牌山から牌をツモって要らない牌を捨てる、とこれを繰り返すわけですね。 ですが、このように牌山から...

 

麻雀の楽しみ方
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~