勝てない初心者必見!麻雀ではあがりのチャンスを絶対見逃すな!

 

テンパイしてるのになかなかあがれない・・・という経験はありませんか?

 

麻雀では役を作るのは自分だけではありません。

もちろん他の3人も同時に役作りを進めていきますから、4人があがりに向かうわけです。

ですから多くの場合、だいたい4回に1回くらいしかあがれないものなんです。

 

なので2、3回勝てなかったくらいで嘆いていてはいけません。

初心者は特に負けて当たり前ですからね。

 

初心者はまだ未熟な部分もあるかもしれませんが、その大胆さやひたむきさというのは大きな武器となります。

 

ですからあがれるチャンスが来た時は確実にモノにするようにしましょう。

 

特に初心者が麻雀を打っていてあがるチャンスはそうそう来ません。

よほど配牌が良かったかツモが良かった場合にそのようなチャンスが来ますよね。

 

なのでここでは、あがりのチャンスを見逃さない方法について解説したいと思います。

 

こちらは約9分の解説動画となっています。↓↓↓

初心者必見!麻雀ではあがりのチャンスを絶対見逃すな!
スポンサーリンク

あがりを見逃がすのはどんなときか

 

あがりを見逃すことの多くの場合というのは多面張(タメンチャン)のときです。

 

三面張(サンメンチャン)とは?私のおすすめの作り方を簡単に解説!
麻雀であがるためには、いい「待ち」を作ることが不可欠となります。 受けの広い待ちを作っていくと、イーシャンテンやテンパイまでにいくスピードがあがりやすいですし、無駄なツモの数も減らすことができますね。 ...

 

タメンチャンというのは、待ちが3種類以上ある待ち方のことで、あがり牌の枚数が増えるにつれ待つ形が複雑になって、待ち牌を瞬時に把握することが難しくなります。

 

ですから「まさかこの牌もあがり牌?」と思ってしまうわけですね。

 

特にチンイツを狙うときは牌が一種類しかないため待ちが複雑化しやすく、1シャンテンあたりからもう待ち受けの形がわかりづらくなります。

 

麻雀でチンイツとは?意味や狙い目、待ちや利点・欠点を解説!
麻雀の役にチンイツというものがあります。 チンイツがどんな形なのかは、あがりの形を見るのが最も速いのですが、そのメンツの形はキレイに同じ種類の牌だけでできています。 このチンイツはあがり役の中でも...

 

ですから初心者の中には3枚ずつ牌を区切って理牌(リーパイ)する方もいますよね。

 

この他にも、手の内に暗刻(アンコー)があるときもあがり牌を見逃がしやすいです。

 

アンコーというのは同じ牌を3枚持つことですが、このアンコーともう一つの牌と組み合わせたときに待ちが広くなりやすいです。

 

この例として、1萬を3枚持っているときを考えます。

このときに2萬をツモったとします。

 

すると、1112となりますよね。

 

この場合、2萬のタンキ待ちだけしか頭に入っていないとあがり牌の見逃しになります。

これは2萬のタンキ待ち以外にも、1萬を雀頭とした3萬のペンチャン待ちというのもありますね。

 

カンチャン待ちとペンチャン待ちはどちらが有利かわかりやすく解説!
麻雀の役やルールを覚えて、麻雀のやり方も一通りできるようになってくると、「いつまでも麻雀初心者ではいられない」とか「早く上級者になりたい」と思うことがあるかもしれません。 ですが麻雀はとても奥が深いゲームなので...

 

ほかにも2224という牌の場合は、4のタンキ待ちだけではありません。

この場合は2を雀頭として、3のカンチャン待ちも存在しますね。

 

このように数牌のアンコーのそばの牌が来たら、待ちには注意する必要があります。

麻雀ゲームではあがりの見逃しはない

でも今は便利な世の中になりました。

ほとんどの麻雀ゲームでは、ゲーム中にあがり牌が出たときに「ロン」や「ツモ」の表示が自動的に出てきます。

 

なので「この待ちは何なんだ?」って思うときでも、あがりの表示が出てきた時にボタンを押すだけでいいのですからね。

スポンサーリンク

 

ですから意図的にあがりを見逃す場合を除いて、麻雀ゲーム内であがりを逃すことはありませんね。

 

©2019 Signal Talk

 

あがり牌を見逃すとどうなる?

 

そして気になるのが、あがり牌を見逃がしたときどうなるのか、罰則はあるのかということですよね。

 

一般にあがり牌を見逃がした場合、点数の支払いなどの罰則はありません

 

ただし、同じ牌でロンあがりはできなくなります。

いわゆるフリテンですね。

 

麻雀でロンの意味とは?ロンできない場合やルールの違いを解説!
麻雀でのあがり方というのは「ツモあがり」と「ロンあがり」というものがあります。 自分であがり牌を牌山から引いてくるのがツモあがりで、自分以外の3人の捨て牌であがることをロンあがりと言いますよね。 ...

 

それでも自分のツモであがることはできますので、見逃した後でも勝負を続けることができます。

 

しかしながらあがり牌を見逃がしたことは、あなたがわかっているだけで他の3人にはわからないことです。

そしてフリテンの状態というのは、傍から見るかぎりでは普通のテンパイと変わりはありません。

 

なので不注意ながらフリテンになってしまったときでも、ポーカーフェイスでその局面を乗り切り、相手にプレッシャーを与え続けるようにしましょう。

故意にロンの牌を見逃がす時とは

 

故意にロンの牌を見逃がすときというのは次のような場合があります。

どうしても点数が必要なとき

トップと点差が大きく開いている時というのは、ロンあがりでは点数が届かないことがあります。

 

そんなときはロンあがりよりも点数の高いツモあがりにかけるということですね。

 

特に対局が終盤になるとあがれる回数も限られてくるので、小さいあがりだけではどうしても点差が縮まらないことがありますから、たとえフリテンになったとしても逆転できる道を選ぶことが大事ですね。

ロンしたら相手が飛んで対局が終わってしまうとき

一般に麻雀では、誰か一人でも持ち点が0点以下になると、トビといって試合終了になります。

 

点差を考えたときにそのロンでトップになれればいいのですが、トップに届かないときのロンあがりは、トップの人を逃がしてしまうことになります。

 

麻雀でトップと2着は雲泥の差!勝敗を分ける分岐点や考え方は?
「ロン!リーチ一発ドラ3で満貫!」 このようにあがれると気持ちの良いものですよね。 役をあがることが麻雀のもっとも大きな醍醐味だと思います。 ですがうまくあがれたにもかかわらず、最後に勝つこ...

 

ですから点数の低い人からのロンあがりというのは注意が必要で、あがりで負けが確定してしまう場合には、あがるよりその局は流局にして次局に期待することが大事です。

まとめ

 

ここではあがり牌の見逃しについてを解説しました。

 

<あがり牌の見逃しについて>

・あがりを見逃すのはどんなときか

・あがり牌を見逃がすとどうなる?

・故意にロンの牌を見逃がす時とは

 

あがり牌を見逃がすと点数ゲットの大きなチャンスを失うことになりますので、手牌の変化に注意するようにしましょう。

 

麻雀用語のなかで日常で使われている言葉や面白い表現とは?
麻雀で使われている言葉というとどんな言葉を思い浮かべますか? ピンフ、サンショク、イーペーコーなど役の名前に関するものからツモ、ロン、ポン、イーシャンテンなどよく使われる言葉もあります。 このほか...

 

麻雀の索子(ソーズ)の由来や役の種類とは?面白い雑学を解説!
麻雀牌の種類には萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)と字牌がありますね。 普段麻雀をするときには麻雀牌の由来なんて気になりませんけど、ちょっと立ち止まって麻雀牌を見つめてみると、疑問が湧いてくることが...

 

麻雀でテンパイ気配の読み方や見抜く方法とは?初心者必見の解説!
麻雀をやっていて振り込みが多くて悩んでいませんか? 麻雀では相手のテンパイが読めないと、うまく攻めたり手堅く守ったりすることができません。 ですから放銃が多い人は、相手のテンパイがほとんど読めてい...

 

麻雀の戦術
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~