リャンカン待ちのメリットデメリット!待ち受けを広くするには?

 

麻雀ではいくつかの待ちがありますね。

 

リャンメン待ち、カンチャン待ち、ペンチャン待ち、シャンポン待ち、タンキ待ち、この他にも3メンチャンや5メンチャンなどもあります。

 

その待ちの一つに、「リャンカン」という待ちがあります。

 

このリャンカンと似た言葉に、「チャンカン」とか「カンチャン」という言葉があるのですが、これらはすべて意味が全く異なるので注意しましょう。

 

麻雀の実戦ではどんな種類の待ちを選択するのかはとても大事なことで、あなたのあがりに直結することなんです。

 

また、待ちというのは数が多ければそれだけ有利なのですが、中には少ない待ちでもタメンチャンと同じかそれ以上にあがりやすいこともあります。

 

そこで、誰よりも先にあがって勝利を手にしたいあなたにおすすめの、「リャンカン待ち」という待ちを解説したいと思います。

 

こちらは約12分の解説動画となっています。↓↓↓

リャンカン待ちのメリットデメリット!広い待ち受けとは?
スポンサーリンク

初心者でも5分でわかる!リャンカン待ちとは?

 

リャンカンというのは、カンチャン待ちが2つある形のことをいいます。

3つの牌を使ってカンチャン待ちを2つつなげた形ですね。

 

リャンカンとは以下のような形のことをいいます。

リャンカン(2-4待ち)

リャンカン(3-5待ち)

 

これらのように、3つの牌を使ってそれぞれの牌のあいだの牌を待つ形がリャンカンになるんですね。

 

このように、連続する3つの奇数か偶数を集めることで、リャンカン待ちが作れますね。

 

ここでは例として、上の2つの形を挙げましたが、実際にはもっとたくさんのパターンが考えられます。

 

よく使われる、のようなリャンメン待ちと同じように、リャンカンは2種類の牌を待つ形となります。

 

リャンメン待ちは2つの牌で構成されますが、リャンカンというのは3つの牌を使うわけですね。

 

3つの牌を使って2種類の牌を待つ、それがリャンカンです。

 

麻雀のリャンカンは良い待ち?作り方や効果的な戦術を解説します!
麻雀ではたくさんの専門用語がありますが、「リャンカン」というのもそのひとつですね。 あなたは麻雀でリーチするとき、できればあがれる形で待ちたいと思いますよね。 ペンチャン待ちやカンチャン待ちでもテ...

 

ただ、役作りを進めていってテンパイまでいくと、このリャンカンの3つの牌のどれかは不要牌になり、いずれかを必ず捨てなければいけません。

 

例えば、というリャンカンの形が最後まで残ってしまったら、を切って、どちらかのカンチャン待ちに絞る必要があるわけです。

 

なので、リャンカンの最後はカンチャン待ちになるということですね。

あがりやすさが2倍に!リャンカンのメリットとは?

 

リャンカンのメリットとして、リャンカンは最後はカンチャン待ちになりますが、切る牌によってとてもいい待ちにすることができます。

 

たとえば、というリャンカンがあったときにリーチをかけるとします。

下のような場合ですね。

リャンカン(6-8待ち)のテンパイ

 

このときに、を切ると、カンチャン待ちになります。

スポンサーリンク

 

このように5を切って8で待つことを「スジ引っかけ」といいます。

 

5と8というのは、「スジ」といって、この2つはセットであたり牌になることが多いんですね。

 

スジというのは他にもあります。

1と4

2と5

3と6

4と7

5と8

6と9

スジはマンズ、ピンズ、ソーズでそれぞれ6本ずつあり、計18本あるんですね。

 

ですから、リャンカンのスジ引っかけは他の牌でもできるのです。

 

例えば、というリャンカンがあったとき、を切れば、のカンチャン待ちとなって、これも2-5のスジ引っかけになっていますね。

 

このようなスジ引っかけは、引っかけというだけあって引っかかる人が多いです。

 

なのでリャンカンが最後まで残ったら、このスジ引っかけを狙ってみてくださいね。

知らないと怖い!リャンカンのデメリットとは?

 

リャンカンはスジ引っかけというあがりやすい待ちが作れるところがメリットのなのですが、デメリットもあります。

 

それは、リャンカンが最後まで残るとピンフの役が付かないというところです。

 

平和(ピンフ)の作り方や条件とは!役がたった5分で超わかる!
麻雀の役では、簡単に作れるものからなかなか作れないものまで、いろんなものがあります。 大きな役をあがることは嬉しいものですが、小さな役でも要所であがることができれば、大きな役に匹敵するほど嬉しくなるものですよね...

 

リャンカンはカンチャン待ち2つからできています。

 

役作りしていくうちにこのカンチャンのどちらかが入ればいいのですが、入らないままテンパイすることもあるんですね。

 

すると、待ちはカンチャン待ちになってしまうので、ピンフの役は付かないんですね。

ピンフは待ちがリャンメンでないといけないですからね。

 

またリャンカンの待ちだと、タンヤオが付くときと付かない時があることもデメリットといえます。

タンヤオのメンツを作ろうとしても、のようなリャンカンがあると、が来ればタンヤオになりますが、が来るとタンヤオにならないのです。

 

なのでタンヤオを狙うときは、一九牌が入ったリャンカンには注意が必要ですね。

5つの牌を使ったリャンカンの発展形とは!

 

リャンカンの発展形に、5つの牌を使う形があります。

それが次のような形です。

 

 

このように、リャンカンにトイツが重なったような形ですね。

 

これは、が待ち牌になっていて、とてもいい待ちなんです。

 

リャンカンの待ちを、このように5つの牌を使って広げることができるので、覚えておきましょう。

 

多面張(タメンチャン)とは?初心者でもすぐ覚えられる形!6選
麻雀では待ちの形が多いか少ないかで、あがれるかどうかが決まってきます。 待ち牌の数は多ければ多いほど良い待ちになることは言うまでもないことですよね。 ペンチャン待ちやカンチャン待ちよりもリャンメン待ちが良...

 

まとめ

 

ここではリャンカンのメリットデメリットについて解説しました。

 

<リャンカンのメリットデメリット>

・リャンカン待ちとは

・リャンカンのメリット

・リャンカンのデメリット

・リャンカンの発展形

 

リャンカンはその名前を知らなくても自然に使っているものだと思いますが、ここでメリットデメリットを押さえておいて、実戦で活かせるようにしましょう。

 

こんな意外な人もやってる!麻雀が好きなタレントや有名人とは!
あなたは麻雀の番組や動画、DVDなどを観たことはありますか? 麻雀は4人が卓に座って黙々と打ち続けるわけですが、麻雀は一勝負でも2~3時間は打つことが多いですよね。 普段はそれらに出演しているのは...

 

初心者が麻雀で振り込んでも落ち込んではいけない3つの理由!
麻雀では、どんな人でもあがることもあれば、振り込むこともあります。 麻雀をやっていて振り込んだことがないという人はいないはずです。 「最初から振り込んだらもうやる気が出ない…」 そう思ったことはあり...

 

麻雀の初心者の勉強法!効率よく雀力を上げるために必要なこととは?
あなたは麻雀をどのように勉強していますか? 麻雀を始めたばかりの人は、どんなもので勉強したらいいのか迷うと思います。 麻雀の解説本はたくさんあってどれを選べばいいのかわからないし、麻雀に詳しい人に...

 

麻雀の戦術
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~