麻雀で牌を捨てるときに最も気を付けるべきタイミングとは?

 

麻雀で、何気なく捨てた牌でいきなりロンされたことはありませんか?

 

勝負にいった牌で当たってしまう時はしょうがないと思えるのですが、全然ケアしていないかった牌が当たってしまうと、「なんであんな牌を切ってしまったんだろう・・・」「もう少し考えて捨てればよかった・・・」と後悔することがありますよね。

 

もしもその時あなたの手牌に安全牌があったのであれば、その安全牌を捨てていればあなたはロンされることはなかったはずですし、結果はまったく違ったものになっていたかもしれません。

 

ですから、麻雀ではあなたの切る牌が一つ違っただけでも結果は大きく異なることがあるんです。

 

それでも、相手のロンばかり気にしていては、自分の手が進まずあがりを作ることができませんよね。

 

自分の手役を作りながら、相手のロンをかわしていかなければいけないわけです。

 

では、どのような時に捨て牌に気をつければいいのでしょうか。

捨て牌で最も気を付けなければならないタイミングとはどんな時なのでしょうか。

 

こちらは約9分の解説動画となっています。↓↓↓

麻雀で牌を捨てるとき最も気をつけるタイミングとは?
スポンサーリンク

捨て牌で特に大事なのは最初と最後!

最後の捨て牌であがる「ホーテイ」に注意

捨て牌で特に気をつけなければいけないのは一番最後です。

一番最後に捨てた牌がロンされると、「ホーテイ」の役が付いてしまいます。

 

特に一番最後でロンされると、気分的にもよくないですよね。

 

多くの場合、局の最後になると誰かしらテンパイしています。

なのでその人は、あがり牌はまだかまだかと出てくるのを待っているわけです。

 

といっても、最後の捨て牌が自分になる確率は4分の1なので、毎回ホーテイの危険があるわけではありませんけどね。

最初の捨て牌で絶対にミスをしない

牌を捨てるときは、最後と同じように最初も気を付けなければなりません。

対局が始まって、最初の第一打が大切ということです。

 

それは、最初の一打で狙う役が決まってしまうからです。

 

100メートル走でも最初のスタートが大事なように、あるいは野球でもピッチャーは初回の1アウトが大事なように、麻雀では最初の第一打がとても大事なのです。

 

最初でミスをしてしまうと、あとで取り返すことがとても難しく、勝負所でその最初のミスが響いてしまうんです。

 

特に多いのが、第一打にドラを捨ててしまうことです。

捨ててから、「あっ、ドラだった!」と気づいても、もう後の祭りですね。

 

ドラだとわかって捨てているのならそれは戦術の一つなのでいいのですが、ドラ表示牌を確認せず捨て牌を決めてしまうところに問題があるのです。

 

手の内にドラがあるかないかで、戦術や役作りは大きく変わってきます。

 

なので、最初の捨て牌でミスは絶対にしないようにしましょう。

 

ドラの効果的な活用方法!あなたの点数は2倍にも4倍にもなる!
麻雀というゲームは点数の奪い合いです。 トップを取るためには、ほかの3人よりも1点でも多くの点数を取る必要があります。 そこで重要になってくるのが、高い点数を取る方法です。 麻雀ではどんなことをすれ...

スポンサーリンク

 

リーチ後の1巡目にも注意する!

 

また、相手のリーチの1巡目にも注意が必要です。

 

リーチをした相手には十分にケアしなければならないのですが、とりわけ1巡目は、リーチの「一発」の役がついてしまうので、注意が必要なんですね。

 

リーチの「一発」の役は採用していない所もありますが、採用しているところが多いですからね。

 

ですから相手のリーチ後の1巡目には、相手の現物か上家と同じ牌など100%当たらない牌を切るようにしましょう。

 

相手がリーチしてきた!ならば冷静に押すか引くかを見極めよう!
麻雀であがりというのは早い者勝ちです。 なので役作りにモタモタしていると、すぐ相手にあがられてしまいますよね。 特に相手にリーチされると急にパニックになって周りの状況が見えなくなる、なんていう経験はありま...

 

もしそれらの牌がなければ、あたり牌の可能性の低そうな一九字牌を切るようにします。

 

このとき、一番切ってはいけないのがドラです。

 

相手のリーチの1巡目のドラで当たってしまうと、それだけで「リーチ」「一発」「ドラ」の3つの翻がついてしまいます。

 

1巡目のドラというのは、あがり点を4倍にしてしまう危険があるので注意しましょう。

字牌を捨てていない相手にションパイは危険!

 

ションパイというのは、場にまだ1枚も出ていない牌のことです。

 

麻雀用語の上級|ションパイやパオって?知ってるあなたは上級者だ!
麻雀用語はたくさんあって、上達するにはたくさんの言葉の意味を理解する必要があります。 これまで麻雀用語の基礎と中級についてを言葉をご紹介してきました。 麻雀の初心者の方は、まずそちらの記事を先に読...

 

もし字牌をあまり捨てていない相手がいたら、その相手は字牌を集めている可能性が高いです。

 

そのような相手は、手の内に字牌のメンツやトイツがあって、字牌が出てくるのを待っている状態かもしれません。

 

ですから、まだ1枚も場に出ていないションパイはとても危険です。

 

場に1枚も出ていないということは、相手の手牌にあるか、山に残っているかのどちらかしかありません。

 

字牌というのは、普通なら序盤に不要牌として捨てられることが多い牌です。

 

その牌が捨てられていないわけですから、その相手は字牌を使った手役を作っている可能性が高いわけです。

 

もちろん、ただ単に字牌が来ていないだけということもありますが、字牌を集めると点数が高くなりやすいですから、ションパイには十分に注意する必要があります。

 

特に相手が大物手を狙っているときは、捨て牌に何かしらその兆候が見えることが多いです。

 

河に捨てられた字牌があまりにも少なすぎる場合や、1種類の牌だけまったく捨てられていない場合など、相手の河を見ていればどんな大物手を狙っているのかわかってくるものなんですね。

 

怪しい捨て牌に要注意!相手の狙いや意図をわかりやすく解説!
麻雀は上手くあがれるときもあれば、振り込んでしまうときもあります。 特に麻雀を覚えたばかりだとあがることに夢中になって、相手の捨て牌やあがり牌が目に入らないものです。 ですが麻雀でしっかりと最後に...

 

まとめ

 

ここでは、牌を捨てるときに気をつけるべきタイミングについて解説しました。

 

<牌を捨てるとき気をつけるタイミング>

・最初と最後

・リーチ後の1巡目

・字牌を捨てていない時のションパイ

 

捨て牌に気をつけて放銃の回数を減らすことだけで、あなたの勝率は飛躍的に上がるはずですので、牌を切るタイミングには十分に注意しましょう。

 

麻雀初心者が上級者に勝つ方法!勝てないあなたはぜひお試しを!
麻雀で勝つことはとても難しいことです。 それはどんな上級者にもいえることですから、麻雀をよく知らない初心者はなおさらのことですよね。 あなたも麻雀になかなか勝てなくて、悔しい思いをしていませんか? ...

 

待ちが悪くてもリーチをかけよう!リーチのメリットとデメリットとは?
麻雀ではリーチは欠かせない役の一つですよね。 リーチをかけると、他家からは「え~、やだな~」などと言われたりもしますが、あと一牌であがりなのでドキドキしますよね。 でももちろん、リーチをかけてあが...

 

麻雀のあがり方がわからない初心者へ!おすすめの役の作り方を解説!
麻雀を始めたばかりだと、覚えなければならない役やルールがたくさんあって、なかなか実戦でやることができないと思います。 知ってる人に聞こうとしても、何から聞けばいいのかも分からない状態かもしれませんね。 ...

 

麻雀の戦術
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~