中張牌(チュンチャンパイ)のメリットとデメリットを徹底解説!

 

麻雀牌には中張牌(チュンチャンパイ)と呼ばれる牌があります。

 

麻雀牌の数牌、つまりマンズ、ピンズ、ソーズの牌の中で2~8までの牌を中張牌と呼ぶんですね。

ですから中張牌には数牌の1や9の牌や字牌は含まれません。

 

この中張牌というのは、数牌の2~8までの牌すべてをいうのでその種類はたくさんあります。

なので目にすることが一番多い牌なのではないかと思います。

 

この中張牌は一九字牌と異なる所が多く、それぞれの特徴や扱い方、また使いやすいか使いにくいかなどが大きく違ってくるんですね。

 

また中張牌に関しては、それらに共通する良い点や有利な特徴、つまりメリットがあります。

 

一方で、欠点や不利なところ、つまりデメリットもあるんですね。

 

そこでここでは、この中張牌のメリットやデメリットなどについて解説したいと思います。

 

こちらは約9分の解説動画となっています。↓↓↓

中張牌(チュンチャンパイ)のメリットデメリットとは!
スポンサーリンク

中張牌にはメリットがたくさんある

中張牌は一九字牌よりも圧倒的に枚数が多い

例えば、配牌でも中張牌が一番多く来ますし、ツモる牌の中で一番多いのが中張牌になります。

また、一番ドラになりやすいのも中張牌です。

 

では中張牌がどれくらい多いのかというのを計算してみましょう。

 

麻雀の萬子(マンズ)の名前の意味や役の種類とは?面白い雑学満載!
麻雀の牌には4つの種類があります。 萬子(マンズ)、筒子(ピンズ)、索子(ソーズ)、そして字牌ですね。 その中でもここでは、マンズについてを解説したいと思います。 人によってそれぞれ...

 

麻雀牌はマンズ、ピンズ、ソーズ、字牌のすべてを合わせると136枚あります。

 

そのうち中張牌はマンズ、ピンズ、ソーズの2~8までの牌です。

 

なのでマンズでは2~8までで、7種類28枚あります。

ピンズでも2~8までで、7種類28枚あります。

ソーズでも2~8までで、7種類28枚あります。

 

ですから、これらすべて合わせると21種類84枚になります。

 

なので、すべての麻雀牌136枚のうち、中張牌は84枚あるわけですね。

 

これはつまり、全麻雀牌のうち62が中張牌ということです。

 

一方、一九字牌の枚数は52枚で、全麻雀牌のうち38%です。

 

ですから中張牌にはたくさんの仲間がいるといえますね。

中張牌で最速の役を作れる

中張牌を使う代表的な役がタンヤオですね。

 

一般にタンヤオは鳴いても役が成立するので、点数はそんなに高くないですがスピーディーに役を作ることができます。

 

麻雀の喰いタンの戦術|簡単で最短最速であがれる役の狙い目とは?
麻雀では「喰いタン」という役があります。 喰いタンとは「喰った(鳴いた)タンヤオ」ということですね。 この喰いタンはとても使いやすい役で麻雀のレベルアップには欠かせない役だと思うので、ここで取り上げてみる...

 

ほかにもピンフも素早く作れる役の一つです。

 

ピンフには一九牌やいくつかの字牌が入ってもいいのですが、中張牌を使ったピンフはより早く役を作ることができます。

 

平和(ピンフ)の作り方や条件とは!役がたった5分で超わかる!
麻雀の役では、簡単に作れるものからなかなか作れないものまで、いろんなものがあります。 大きな役をあがることは嬉しいものですが、小さな役でも要所であがることができれば、大きな役に匹敵するほど嬉しくなるものですよね...

 

これはピンフがシュンツを使っているからで、中張牌はリャンメン待ちや多面待ちなど良い待ちを作りやすいんですね。

 

シュンツといっても123や789のメンツは作りにくくなります。

スポンサーリンク

山に残っているのは中張牌だらけ

先ほど、麻雀牌の約60%が中張牌だといいましたよね。

 

これはつまり、局の一番最初に配られる配牌でも同じことが言えます。

 

ですから、配牌13枚のうち60%、つまり8枚ほどが中張牌だということなんですね。

まあ麻雀では常に確率通りにはならないものですが、この8枚というのはひとつの目安です。

 

また、麻雀では一人ずつ山から牌をツモるわけですが、この山にある牌の60%も中張牌ということになります。

 

それを考えると、ツモってくる牌の60%は中張牌ということなんですね。

 

麻雀の配牌でできる役とは?役の種類ややり直しになる場合を解説!
麻雀を始めるには、まず最初に配牌(はいぱい)をおこないますね。 配牌をするには各自の席を決めてサイコロを振ることが必要となります。 サイコロの出た目によって、開門(かいめん)の位置が決まり、各自4...

 

中張牌のドラは使いやすい

またドラにおいては、一九字牌よりも中張牌のドラの方が使いやすいということがいえます。

 

中張牌がドラになるには、数牌の1~7までのいずれかの牌がドラ表示牌になればいいんですね。

8と9がドラ表示牌になると、1や9がドラになってしまいます。

 

ドラが中張牌だと、リャンメンターツに使えることが多く、ドラ含みのメンツが作りやすいんですね。

 

なので中張牌のドラは、使いやすく高得点に結びつきやすいというメリットがあります。

 

ドラの効果的な活用方法!あなたの点数は2倍にも4倍にもなる!
麻雀というゲームは点数の奪い合いです。 トップを取るためには、ほかの3人よりも1点でも多くの点数を取る必要があります。 そこで重要になってくるのが、高い点数を取る方法です。 麻雀ではどんなことをすれ...

 

中張牌にはデメリットや弱点もある

中張牌は役満が作りにくい

ですが、中張牌にもデメリットがあります。

 

それは、役満が作りにくいという点です。

 

役満はそのほとんどが一九字牌を使っているんですね。

 

国士無双(こくしむそう)、大三元(だいさんげん)、字一色(ツーイーソー)、四喜和(スーシーホー)など、多くの役満で一九字牌が使われています。

 

中張牌で役満を狙うには四暗刻(スーアンコー)ぐらいしかないですね。

 

見たことない幻の激レア役満3選!こんな役満本当にあがれるの?
麻雀ではどんなあがりでも、あがることができれば嬉しいですよね? たとえ喰いタンやピンフのみの安い手でも嬉しいですし、チンイツや役満などの高い役ならなおさらだと思います。 役満というのは、総じてなかなかあが...

 

中張牌はロンされやすい

中張牌が使いやすいというのは相手も同じことですから、中張牌が相手のあがり牌になることが多いです。

 

つまり手牌が中張牌ばかりだと、相手がリーチした時に安全牌がなくて捨てられる牌がなくなってしまうんですね。

 

一般に、麻雀では一九字牌よりも中張牌があたり牌になることが多いです。

 

なので、中張牌は一九字牌よりも守りが弱くロンされやすいというのが欠点なんですね。

まとめ

 

ここでは、中張牌のメリットデメリットについて解説しました。

 

<中張牌のメリットデメリット>

中張牌にはメリットがたくさんある

・中張牌は一九字牌よりも圧倒的に枚数が多い

・中張牌で最速の役を作れる

・山に残っているのは中張牌だらけ

・中張牌のドラは使いやすい

中張牌にはデメリットや弱点もある

・中張牌は役満が作りにくい

・中張牌はロンされやすい

 

このように中張牌にはメリットデメリットがあるので、さまざまな状況に臨機応変に対応していきたいですね。

 

麻雀で放銃率を劇的に下げる3つの方法!その牌、切って大丈夫?
麻雀でロンあがりができると嬉しいですよね。 一生懸命役作りした苦労が報われる気がします。 逆にロンされるとかなりテンションが下がってしまいますよね。 でも麻雀ではロンされない人なんていないん...

 

麻雀で牌を捨てるときに最も気を付けるべきタイミングとは?
麻雀で、何気なく捨てた牌でいきなりロンされたことはありませんか? 勝負にいった牌で当たってしまう時はしょうがないと思えるのですが、全然ケアしていないかった牌が当たってしまうと、「なんであんな牌を切ってしまったん...

 

麻雀初心者が点数を少しでも高くする方法!1翻UPが勝敗をわける?
麻雀ではなるべくなら高い役をあがりたいですよね。 麻雀の役というのはいろんな役の複合が考えられるので、点数を上げる方法もたくさんあるんですね。 そして麻雀では1翻の違いが勝敗を分けることが多々あり...

 

麻雀の戦術
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~