麻雀で役牌とは?東西南北の読み方や狙い目、利点や欠点を解説!

 

麻雀では萬子、筒子、索子と字牌の4種類の牌が使われています。

 

これらの麻雀牌は、牌の性質によっていろいろな言い方があります。

 

2~8までの数牌であれば中張牌(チュンチャンパイ)、一九字牌であればヤオチュー牌といいますよね。

 

また字牌には「役牌(ヤクハイ)」と呼ばれる牌があります。

 

初心者にとって中国語を起源とするこれらの言い方は、とても分かりづらい言葉だと思います。

 

なのでここではヤクハイという言葉について、その意味と読み方、狙い目や利点・欠点などを解説したいと思います。

スポンサーリンク

麻雀のヤクハイとはどんな役(牌)なのか?

 

麻雀でヤクハイとは、あがりの役のひとつで正式には「翻牌(ファンパイ)」といいます。

 

またヤクハイは、字牌の中で3枚集めると役が付く牌のことをいいます。

 

具体的には字牌の三元牌、つまり白、發、中の牌がヤクハイとなります。

これら白、發、中は3枚集めれば1翻の役が付きますよね。

 

麻雀の發(ハツ)の意味や戦術とは?効果的な使い方や面白い雑学も!
麻雀牌の中で最も難しい漢字の牌といえば、「發(ハツ)」ですよね。 發は7種類の字牌の東(トン)、南(ナン)、西(シャー)、北(ペー)、白(ハク)、發(ハツ)、中(チュン)の一つとなっています。 ま...

 

また東、南、西、北という風牌の中にもヤクハイというのが存在します。

 

ヤクハイとは先ほど言ったとおり3枚集めると役が付く牌のことなので、場の風や自分の風となる牌もヤクハイとなるんですね。

 

具体的には、東場だったら東がヤクハイに、南場だったら南がヤクハイになります。

 

また自分が親だったら東家となり、自分の風は東となります。

 

同様に、南家だったらヤクハイは南に、西家だったらヤクハイは西に、北家だったらヤクハイは北になるわけですね。

 

ですから白、發、中の三元牌は常にヤクハイとなっていますが、東、南、西、北の風牌はそのときの状況に応じてヤクハイが変わるということです。

 

なので風牌では自分のヤクハイであっても他の人のヤクハイではないことがあるのです。

 

ちなみにヤクハイは鳴いても成立する役なので、ポンして3枚集めれば1翻の役を簡単に作ることができますね。

麻雀での東西南北の読み方とは?

 

また麻雀で使われる字牌の風牌というのは東西南北の牌のことですが、これらの読み方は「とうざいなんぼく」とは読みません。

 

麻雀では東を「トン」、南を「ナン」、西を「シャー」、北を「ペー」と呼ぶんですね。

 

そしてこれら4つの風牌をまとめる場合は、「東西南北」ではなく「東南西北(トンナンシャーペー)」とします。

 

また親のことを東家(トンチャ)、自風が南の人を南家(ナンチャ)、自風が西の人を西家(シャーチャ)、自風が北の人を北家(ペーチャ)と呼びます。

 

そして場の風と自分の風が重なったとき、つまり東場で東家の場合や南場で南家のことを、「ダブ東(ダブトン)」、「ダブ南(ダブナン)」といいます。

 

これらは場風牌1翻プラス自風牌1牌で、2翻の役となります。

ヤクハイの狙い目とは?

スポンサーリンク

 

ヤクハイはたった3枚で1翻の役を作れるので、スピードを重視したいときに狙うといい役です。

 

ただヤクハイのみでは1翻しかつかないので、一発逆転を狙うには少し破壊力に欠ける役だといえます。

 

それでも少しでも点数が欲しいときや、親で連荘したいときなどにはとても有効な役となります。

 

またヤクハイは他の役との複合を狙うことができます。

 

ヤクハイと相性がいいのはホンイツやトイトイです。

 

ヤクハイ・ホンイツならば、鳴いても3翻以上の役になりますし、ヤクハイ・トイトイも3翻以上の役になります。

 

またヤクハイは、ありありルールにおいてはとても有効な牌になります。

 

麻雀のやり方|最初はどうやって始める?親と子、ありありの確認は?
いざ麻雀を始めようと思ったら、まず必要なのが人数です。 麻雀をやるには、基本4人集めることが必要です。 麻雀は真四角の麻雀台にそれぞれ4人が向かい合って座るのが基本です。 麻雀は4人...

 

ありありルールにおいてはヤクハイの後付けが認めれらることになっているので、仮にヤクハイが3枚無かったとしてもトイツで持っていれば、相手の捨て牌でロンすることができるというわけですね。

ヤクハイの利点とは?

 

ヤクハイの大きな利点は、たった3枚で1翻の役を作ることができるという点です。

 

ほかの1翻役、例えばタンヤオやピンフなどは、14枚の牌すべてで条件を満たさなければ1翻の役が付くことはないですよね。

 

ですがヤクハイの場合は、ヤクハイ以外の3メンツはどんな形でもよく、あがり方に条件がないんですね。

 

また、ヤクハイは鳴いても1翻が付くという点も大きな利点です。

 

麻雀の役においては、そのほとんどが鳴くと翻数が下がります。

 

鳴くことによって例えば、ホンイツは3翻から2翻へ、イッツーも2翻から1翻へ、チャンタも2翻から1翻へと下がりますよね。

 

鳴いても翻数が下がらないのは、トイトイ、三色同刻、タンヤオ、そしてこのヤクハイなどですね。

 

メンゼンで作る役と鳴いて作る役では、完成するまでのスピードが全然違いますから、ヤクハイにおいては鳴くことをうまく利用したいですね。

 

麻雀で鳴くとあがれない役とは!鳴いてもあがれる簡単な役ってなに?
麻雀では一刻も早くあがりたいのでポンやチーをすることがありますね。 ですが何でもかんでも鳴いてしまうというのには注意が必要です。 それは麻雀の役には鳴いてもあがれる役と鳴いたらあがれない役があるか...

ヤクハイの欠点とは?

 

ヤクハイの欠点は、初心者はどの牌がヤクハイだかわかりづらいという点です。

 

東をポンしてあがったけれど、このとき南場の南家で役なしだった、なんて経験はありませんか?

 

初心者の中には東をヤクハイと思い込んでいる人もいるので、きちんと自分にとってのヤクハイを見分けることが大事になります。

 

ヤクハイでないオタ風をポンしてしまうとあがれる役が制限されてしまうので、鳴くことによってあがりを遠ざけることにもなるわけですね。

 

オタ風の語源は?ピンフやドラでの使い方や地獄待ちとの相性を解説!
麻雀ではオタ風という言葉があるのですが、麻雀の解説本を読んでいると、当然のように使われています。 ですがその意味を知らないと、解説がぜんぜん頭に入ってこないんですね。 そこでここでは、オタ風の意味...

まとめ

 

ここではヤクハイについてを解説しました。

 

<ここで紹介したヤクハイについての解説のまとめ>

・麻雀のヤクハイとはどんな役(牌)なのか

・麻雀での東西南北の読み方とは

・ヤクハイの狙い目とは

・ヤクハイの利点とは

・ヤクハイの欠点とは

 

ヤクハイという役は麻雀の中でも頻繁に使われる役のひとつなので、初心者は確実に狙えるようにしたいですね。

 

麻雀でポンとチーとカンを使った戦術とは!攻撃と守備を徹底解説!
麻雀では、ポンやチーやカンは当たり前として使われますよね。 ポン、チー、カンは麻雀では「鳴く」ということですが、これらは戦術においてとても大事なことです。 鳴くことの効果を知っておけば、有利に手を...

 

麻雀初心者が素早く役作りする方法!これで最短最速であがれる!
あなたは麻雀で、どんな形でもいいからとにかく速くあがりたいと思っていませんか? 麻雀では役を作ってあがらないかぎり、勝負で勝つことはできません。 たとえあなたが点数の大きな役を作ったとしても、他の...

 

鳴くタイミングはいつ?あなたは大きなチャンスを見逃していないか?
麻雀では「ポン」や「チー」などの「鳴く」というルールがありますが、これが麻雀の勝負を左右することがあります。 「さっき鳴いておけばよかった…」とか「鳴いたらあがれなくなってしまった…」という経験がありませんか?...

 

麻雀の役・ルール
スポンサーリンク
麻雀の役とルールのおもしろ超解説~まあまあジャンジャン~